FC2ブログ

記事一覧

小丸山城 ~利家の出世城~

小丸山城は、前田利家の出世城として知られているお城です。


お城の場所自体は地図にも記載されているし、一目で明らかに城址という丘陵であったのでわかりやすかったのですが、登城口がいまいち不明で結局ぐるりと周囲を一周してしまいました。



KDの城館探訪記

ぐるりと一周したのち、裏側から再トライ。

とりあえず丘の真ん中まで行けばいいだろうということで、細い道を突き進み到着した場所。

忠魂碑跡とあります。


ここは愛宕山という場所で、気多本宮社跡地でもあります。小丸山城の郭の一つです。


ここから南側にこちらより少し高そうな小丘があり、そちらが本丸でした。

中間地点に立派な土俵がある広場があり、駐車場もそこにあります。




KDの城館探訪記

本丸にある案内図。

ちょうどてかって見えにくいですが、左上の「宮丸」が先ほどいた愛宕山です。

独立した小丘を有機的に連結した縄張りです。

ちなみに図に大念寺山とありますが、周辺を眺めてみてもそれらしいものが見つかりませんでした。消滅しちゃったのかなあ。




KDの城館探訪記

説明板。

信長より能登一国を与えられた利家はまず七尾城に入りますが、あまりにも急峻な山城であるため、新たに政治の拠点として城を築く必要がありました。それが小丸山城です。

賤ヶ岳合戦の後に加賀国の2郡を加増され、加賀の中心である金沢城に移るまで、利家の本拠地として使われました。本拠と言っても、実際は兄の安勝を城代として領国支配を任せることが多かったようです。



KDの城館探訪記
本丸内の様子。




KDの城館探訪記
大河ドラマにもなった「利家とまつ」。

石碑には「前田利家松子之像」とありました。




KDの城館探訪記

本丸隅、日像上人の銅像が建っている場所は一段高くなっています。

櫓台跡であったと思われます。




KDの城館探訪記

城址碑。立派。




KDの城館探訪記
本丸と天性丸を結ぶ橋、三更橋。現在のは無論作り変えられたものですが、当時も橋は存在していました。

橋の名の由来は、上杉謙信が七尾城を落とした後に読んだとされる詩(あの有名な「越山併せ得たり~」のやつ)から来ていると言われています。




KDの城館探訪記
橋を渡って、天性丸です。こちらも公園としてきれいに整備されています。

桜の時期にはさくらまつりが開催され、多くの人でにぎわうそうです。




KDの城館探訪記
天性丸から下りてきて、三更橋を下から。

本丸と天性丸の間の堀切にあたりますが、意外と大規模なものですね。

看板には「氷室跡地」とあります。昭和初期に氷工場ができるまで使用されていたということです。




============================================

登城日:2009年10月25日  所在:石川県七尾市馬出町

評価:★★☆


利家の出世城として知られているお城ですが、明確な遺構というものは予想外に少なかったです。ただ縄張り自体はよく残っていますし、公園としてきれいに整備されているので、散策するにはちょうどよさそうな感じです。

============================================


関連記事

コメント

1. それぞれが


独立した曲輪なんですね。

このような縄張を見るのは初めてです。

城の形も色々あるんですねぇ~。

2. Re:それぞれが


>syunpatsuryoku1号さん

そうなんですよ。
一つの山(丘)の中にいろいろな郭を配置するのが
一般的で多く見られますが、このお城はそれぞれ
独立した小山を結び付けているもので、珍しい感じがしました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: