FC2ブログ

記事一覧

鳥取城⑥ ~山上の丸編・2~

頂上が近づいてきた気配を感じる中、次のようなものに出くわします。



KDの城館探訪記
「山伏ノ井戸」とあります。

先ほどの雨の影響か、ちょっと飲めるような色をしていません。




KDの城館探訪記
この井戸のある場所が九合目。




KDの城館探訪記
視界が開けてきました。頂上は近いです。




KDの城館探訪記

頂上付近になると、石垣が多く見られるようになります。




KDの城館探訪記

本丸下の出丸は、石垣崩落の危険があるため出入り禁止。




KDの城館探訪記

鳥取市街を見渡せる場所に出ました。

先ほど強い雨を降らせた厚い雲から光が。




KDの城館探訪記

神々しい感じすらします。目

変な天気でしたが、この光景が見れたので良しとしましょう。



KDの城館探訪記

山上ノ丸の説明板。




KDの城館探訪記

二ノ丸手前の虎口階段。




KDの城館探訪記

山上ノ丸の二ノ丸跡。

奥の休憩所らしき場所には、壁一面に城の資料が張られています。

興味深いものばかりでしたが、薄暗くて読みにくかったですぞ。

とりあえず写真に収めまくりましたが。




KDの城館探訪記

そのうちの一つ、山城番付なるもの。渋い選択だなあと感心しました。

後になってよく見なおしてみたら、藩政期に存続していた山城を石高順に並べたものでしたね。ただ山城として詰城を含めていいなら萩城なども選ばれてしかるべきですが。




KDの城館探訪記
ようやく到着。本丸跡です。

あれだけ急峻だった山にしては広い削平地です。

右奥に見える一段高い場所は、天守櫓台。




KDの城館探訪記
車井戸。

池田長吉が慶長七年(1602)から行った城内大改築の時に掘った井戸と伝えられています。



・・・さて、長かった鳥取城編もようやく次回で完結です。



山上の丸編・3へ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: