FC2ブログ

記事一覧

長谷堂城① ~直江山城守来襲!~

長谷堂城は、山形城に居する最上氏にとって重要な支城の一つであった。1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いとほぼ同時期に発生した慶長出羽合戦において、籠城戦の舞台となった。この慶長出羽合戦とは、福島県会津地方及び山形県庄内地方と置賜地方を領する西軍の上杉景勝(120万石)が、東軍に付いた最上義光(約24万石)を制圧するため、現在の山形県置賜地方(最上領の南方)と庄内地方(最上領の西北)から、配下の直江兼続を大将として最上領内に侵攻したものである。


山形城からR348を進んでいくと、真正面に小山が見えてきます。



KDの城館探訪記
城山と呼ばれている正面のこの山こそ、最上氏の命運をかけた戦いの場、長谷堂城です。


山の麓には無料駐車場が完備されています。駐車場はかなり広いのですがこの日は満車状態でした。大河効果か。




KDの城館探訪記

駐車場にある復元堀。

実際長谷堂城には山の周囲を完全に取り囲む形の水掘が設置されていたようです。




KDの城館探訪記

駐車場から一番近い、八幡口の登城口。




KDの城館探訪記

登城道を登っていくと、いくつもの幟が目に入ります。

「天地人」の名の下、大いにこの城をPRしようと、並々ならぬ力の入れようを感じます。


長谷堂合戦の地


出羽の虎将 最上義光 VS 上杉の知将 直江兼続


もう一つの関ヶ原 ~慶長五年~


自分が訪れたのは2009年の5月。このときは地元の人も天地人に大いに期待していたのでしょう。

それがまさか、かねたんの最大の対戦相手である最上義光を登場すらさせないで終わらすとは・・・さぞ山形の人は怒っただろうと思いきや、登場しなかったのが最善であったと胸を撫でおろしていたという。


つまり、「愛と正義」の我らがかねたんの敵として登場すれば、それだけで無条件で極悪人として全国に放送されてしまうので、そうならなくてよかったということらしい・・・ホントか。




KDの城館探訪記
八幡口の由来となった八幡神社。ここも郭跡でしょう。




KDの城館探訪記
八幡神社からの城道。

城の主要部分はあちら側のピークに集中しています。




KDの城館探訪記

主要部分に向かう尾根の斜面に造成された帯郭。

北条流や武田流の城郭を見慣れていると、ここの縄張図を見ても技巧的なものはあまり感じませんが、それでも防御は堅そうです。



KDの城館探訪記
尾根の根元まで進み、北側を振り返った写真。

端っこでぎりぎり収まっている矢印のところが上杉軍本陣の置かれた場所です。

間に広がる田が当時は深田で、上杉軍は攻めあぐねました。



KDの城館探訪記
団体さん(30人はいた)がガイドさんに連れられて山道をぞろぞろと降りて行きます。なんだか異様な光景。

地図によるとこの下山道は内町口に続いているようです。




KDの城館探訪記
郭の説明板。ここは主郭の東側真下にあたり、出丸に近い機能を持っていそうです。




KDの城館探訪記

こんどは横矢掛りの説明板。

城郭とは何たるかを分かりやすく解説してくれます。




その②へ


関連記事

コメント

1. 観光客が


一杯いますねぇ~。

私が行った時は、どの山が長谷堂城なんだ?と連れと言っておりました。

しかも到着すると、我々しかおらず、かなり寂しかったです。

案内板も殆どなかったと記憶しています。

2. Re:観光客が


>syunpatsuryoku1号さん

やはり大河の効果でしょうか。
建築物のない山城でここまで賑わっているのは極めて珍しいと自分も感じました。

そういえば随所の説明板も新しいものばかりでした。

3. 私も去年の5月に行きました!


私が行ったときは、ちょうど駐車場が整備されてオープンしたてのころで、市の方がテントを出してPRをしてました。JA山形のジュースを配っていたような。
駐車場はガラガラで、5組ぐらいしかいなかったですね。
本丸でボランティアガイドの方が、最上義光を誇らしげに語っていたのが印象的でした。

かねたんのイラストが入った山形スタンプラリーなるものを配布していたので、私もまさか義光も慶次郎も出ないなんていう惨事になるとは思ってもいませんでしたねー。

ちなみに、天地人幟は、期間中しか出てませんでしたが会津城のあかべこバージョンが可愛かったです。

4. Re:私も去年の5月に行きました!


>くぎやんさん

そうでしたか!同じ時期に登城されたんですね(‐^▽^‐)

ちょうど大河の期待が高まっていた時期でしたからね。自分にも、山形城の義光記念館(だったかな?)で、ガイドの方が力説していた記憶があります。

あの人は、その後の大河の進行を見てどう思ったのだろうか・・・(゚ー゚;

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: