FC2ブログ

記事一覧

新府城③ ~名門武田氏、滅亡の道~

甲陽軍鑑にある武田信玄の有名な言葉、「人は城、人は石垣、人は堀」の通り、甲斐国内には目立った中世城郭は少ないです。しかし武田氏は城を築かなかったわけではなく、信濃や西上野、駿河などには技巧的な武田流城郭がいくつも築かれています。



KDの城館探訪記

本丸から二の丸へ。周囲には土塁跡がちらほらとあります。




KDの城館探訪記

ヴぁ、草が・・・




KDの城館探訪記
二ノ丸の周囲は土塁が比較的良好に残存しています。




KDの城館探訪記
ここは七里岩の断崖の縁にあたります。

この場所に来て初めてこの城の要害性を実感できます。




KDの城館探訪記

険しい山に囲まれ、現代ですら街道は限られています。

諏訪方面から甲府を目指すならこの城を素通りするわけにはいきません。




KDの城館探訪記

まさに「夏草や・・・」状態。




KDの城館探訪記
いろいろな説明板。

武田流城郭の特徴というと、個人的にすぐ思いつくのが丸馬出とそれに付随する三日月堀、それに強烈な横堀などです。




KDの城館探訪記

ここ新府城では、上記の特徴に加え、「シトミの構え」と「出構え」という独特の防御施設を持って、まさに武田流の粋を集めた城郭となっています。




KDの城館探訪記

想像復元図。「シトミの構え」も「出構え」も、鉄砲を最大限防御に活用するために考えられた仕組みです。




KDの城館探訪記
このお城で嬉しかったことは、登城してくる人が意外と多かったことです。

人を引き付けるお城なんでしょうか。



ねこへび    ねこへび    ねこへび



信玄が甲斐国内に大規模な城郭を最後まで築かなかった理由、それは四方を山で囲まれた甲斐の国そのものを超巨大な城郭のように考えていたからではないか。国境の防備を万全にすればこれほど守るに適した地形はありません。


そして同時に、この盆地の中央まで攻められるような事態になれば、もはや逃げ場もなく、どんなに巨大な城郭を築いていたところで滅亡は免れない状況である、ということも予期していた・・・

・・・かどうかは不明ですが、実際新府城での迎撃を断念した勝頼は最後の決戦の機会も失い、この後はなすすべなく武田家は滅亡してしまいます。


甲斐の国内で最初にして最大の、武田流の粋を集めて築城された新府城。勝頼が自ら火を放って退去した理由として、まだこの城が未完成であったからという説もありますが、この城で迎撃戦を行えば、織田軍の被害も大きなものとなったことでしょう。


この城の優秀さは、天正壬午の乱で徳川軍が北条軍と対峙した際に本拠地として用い、数的不利をはねのけて戦いを優位に進めたことからも証明されています。




============================================

登城日:2009年9月6日  所在:山梨県韮崎市中田町中條

評価:★★★☆


実は私、何十枚も写真を撮っておきながら、このお城の見どころである2つの出構えや、大手側の丸馬出・三日月掘などを見逃してしまっているのです。シトミの構えも、まったく予備知識がなかったため「角度の甘い塁線だな」くらいの認識でとっとと過ぎ去ってしまいました。これが鉄砲使用を考えての計算された構えだったとは・・・

桃の花の季節にでも再訪しようかな。
============================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: