FC2ブログ

記事一覧

新府城② ~長篠に散った忠臣と桃源郷~

立ち並んでいる碑は、長篠の戦で戦死した武将たちの霊位供養碑です。


一番右側から順に見ていくと、



KDの城館探訪記

右より、


横田十郎兵衛 康景


甘利郷左衛門 信康


土屋右衛門尉 昌次


高坂又八郎 助宣


内藤修理亮 昌豊




KDの城館探訪記

・・・


原隼人佐 昌胤


武田兵庫頭 信実




KDの城館探訪記

中央に、石祠・武田勝頼公霊社




KDの城館探訪記

勝頼公霊社を挟み、反対側。右より、


馬場美濃守 信房


山県三郎兵衛 昌景


高坂源五郎 昌澄


真田源太左衛門 信綱


真田兵部丞 昌輝




KDの城館探訪記
・・・


小山田五郎兵衛 昌輝


五味與惣兵衛 貞氏



KDの城館探訪記

・・・この場所から眺める北側の景観は良好です。


桃の産地・山梨県にはいわゆる桃源郷が数多くありますが、この周辺もその一つです。桃の花の季節は、ここ新府城本丸からは日本有数の桃源郷を眺めることができるんだとか。


俗世間から離れた理想郷。いずれその季節にも訪れてみたいものです。




KDの城館探訪記

本丸跡の碑。




KDの城館探訪記
普請奉行 真田安房守昌幸 原隼人佑貞胤


城主 武田(諏訪)四郎勝頼




KDの城館探訪記
築城起工 天正九年二月十五日


入城 天正九年十二月廿四日


落城 天正十年三月三日(勝頼の在城六十八日間)




その③へ


関連記事

コメント

1. こう


改めて見ると、錚々たる武将が、この地で散ったんですね(>_<)
ある意味、歴史の曲がり角だったと言えるのでは。

2. Re:こう


>syunpatsuryoku1号さん

錚々たる名前が並んでいますが、この武将たちが戦死した場所は長篠・設楽が原で、新府城には霊位碑があるだけです。お墓も別の場所にあるはずですよ。

紛らわしい紹介で済みません。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: