FC2ブログ

記事一覧

坂戸城③ ~山岳の大要塞~

KDの城館探訪記
連続する堀切を乗り越え、桃之木平から登ってくる道と合流。
ここからさらにいくつかの郭を通過し(ただし藪まみれ)、実城へと向かっていきます。





KDの城館探訪記
ようやく到着しました。山頂には社が祀られています。





KDの城館探訪記
実城手前のこの郭を「広瀬曲輪」と呼ぶようです。




KDの城館探訪記

山頂に設置されている説明板。

このほか案内図も設置されていますが、少々劣化しております。




KDの城館探訪記

ここ山頂部一帯の郭を実城(みじょう)と呼びます。城の中心です。

ちなみにWikipediaでは平気で「本丸」と記載されていますが、少々違和感があります。




KDの城館探訪記

南方向。遥か三国峠をうかがいます。




KDの城館探訪記

北方向。魚沼方面をとらえています。




KDの城館探訪記

西側、南魚沼市(旧六日町)を眼下に望む。

まるで空中から展望しているかのようです。




KDの城館探訪記
634mの坂戸山山頂には富士権現社があります。また、二等三角点もありました。

おばさま二人組が記帳していたので(元気だなあ)、先に案内図に「大城・小城」と記載されているところに向かいます。




KDの城館探訪記
社の裏側から南の尾根へと続くルートが伸びています。




KDの城館探訪記

実城東側。こちらの斜面に石垣があるらしいのですが、こんな状況なのでわかりませんでした。

搦手の虎口らしき場所に石積が残っていたのは確認できましたが。




KDの城館探訪記
実城下から尾根の先を見る。手前が小城、奥が大城です。




KDの城館探訪記

まさに尾根筋の道です。




KDの城館探訪記

小城は小さなピークがあるだけで、遺構はよくわかりません。

その先、最南端にある大城。標高631mで、実城の詰城の役割を持っていたのかもしれません。

緑の王国と化していますが、広い削平地と土塁、櫓台跡らしきなどは確認できます。

碑でもないかなと探してみましたが、どうやら設置されていないようです。




KDの城館探訪記

大城から南東方面の眺望。




KDの城館探訪記

大城から眺めた八海山。大河「天地人」のOPで妻夫木君演じるかねたんが立っていた場所(ですよね?)。

とってもカッコよく印象深い映像でした。なぜか半笑いなのが気になりましたが。




KDの城館探訪記

再び実城に戻ります。小城のあたりからの実城の様子ですが、とても切り立った山頂に位置していることがわかるかと思います。




KDの城館探訪記

こちらの尾根にも、途中数か所にこのような堀切がしっかりと設置されていました。




その④へ


関連記事

コメント

1. 本当に大きい


小城から眺める実城の写真は素晴らしいですね。最近は、KDさんの写真を見るにつけ、自分の写真の雰囲気の出無さに呆れてしまいます。特に土塁なんかは何を撮っているのかさっぱりで・・・シャッターチャンスが解っていないんですよね・・・。

2. Re:本当に大きい


>かすさん

いやいや、自分も土塁や堀切などは何を撮っているのかわからない写真だらけですよ・・・(x_x;)

大量に写真を撮っておいて、見栄えがマシそうなものだけ乗っけているだけですので・・・

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: