FC2ブログ

記事一覧

平井城② ~日本有数の展示物~

堀跡から帰還。



KDの城館探訪記 裏を流れる鮎川。背後は断崖に守られています。





KDの城館探訪記 しかし資料館でも感じたが、ここでの展示資料の雑多ぶりはそれをさらに凌駕します。石碑・標柱・説明板が乱立しています。やりすぎ。




KDの城館探訪記 永享の乱時の平井城平井金山城 の攻防戦記。

大作の戦記なので、ぜひ現地で確認を。




KDの城館探訪記 支城の天屋城 高山城 )の案内および、管領塚の紹介。

これまた大作。




KDの城館探訪記 詰城である平井金山城の案内看板。




KDの城館探訪記 詩的だ・・・もはや何でもあり。





KDの城館探訪記 ここまで示さなくてもわかってますよ。




KDの城館探訪記 看板の数が多すぎて全部紹介するのは無理です。全貌が知りたい方は現地へ!




KDの城館探訪記

標柱・説明板マニアの自分ですら食傷気味になる看板の山から脱出し、復元土塁を見学。

土塁ではなく櫓台跡と思ったほど規模が大きいです。

これが周りを取り囲んでいたら、さぞ立派だったでしょうね。




KDの城館探訪記 土塁上から。ああ、説明板が並んでいるのが見える・・・




============================================

所在:群馬県藤岡市西平井

評価:★★☆(2012/9/2評価見直し)


城址保存会?の方に愛されているお城だと感じました。これだけ説明板が乱立していると一つ一つの内容が胡散臭く感じられるのですが、この際それは置いといて、「雑多な看板の城」として有名になる手もありそうです。いや、ないか。

============================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: