FC2ブログ

記事一覧

一郷山城 ~聳え立つ模擬天守~

高崎市吉井町、牛伏山頂上付近に模擬天守があります。

かなり目立つ位置にあり、上信越道からもよく見えると思います。


この天守の立っているところが、かつての中世山城、一郷山城の址です。




KDの城館探訪記

この写真の山頂左側、鉄塔の横に僅かにとんがって見えるものが天守です。


とんでもない山のてっぺんに立っていますが、車で頂上まで登れるので安心です。





KDの城館探訪記
麓からは豆粒にしか見えませんでしたが、近くで見ると立派な3層の天守です。


内部は資料館兼展望台となっています。入場無料なのもうれしい。


永享10年(1438)関東管領上杉憲実は、鎌倉公方足利持氏と争い、鎌倉を退き、平井城(藤岡市西平井)に拠った。その頃平井城西方の守りとして、新堀城多比良城)と共に一郷山城は築城された。山頂にあることから、のろし台としての任務が主なものであったろう。永禄6年(1563)2月、西上州侵略を図る武田信玄は、平井城(管領府)攻略の緒戦として、一郷山城を攻めた。防戦のため、山頂から落した大石は、真下の見銘寺を押し潰し、火災となり、城は全焼、将兵は全滅、婦女子は急崖に身を投げ落城した。ついで、新堀城も攻略された。

(現地説明板参照)





KDの城館探訪記
天守最上階から見た南側風景。


この時はよく把握していませんでしたが、正面に見える山の山頂には子王山城 があります。





KDの城館探訪記
東側。新堀城平井城平井金山城高山城 などがひしめいています。


これらの城をすべて攻略することになるとは、この時は考えもしなかった・・・





KDの城館探訪記

まあとにかく絶景です。北側を望むと榛名山・子持山・そのはるか奥には谷川連峰も見えます。





KDの城館探訪記
西側は尾根続きで牛伏山山頂までつながっています。

その先には、別の山ですが八束城天引城があります。どちらもかなり険しい山城です。


この周辺は本当に山城密集地です。





KDの城館探訪記
ついでなので山頂まで目指します。途中にある「天狗松」。

これの由来を示す説明板がありました。天狗と村の娘との恋物語。詳細は現地で!





KDの城館探訪記
牛伏山山頂、標高490.5m。

ハイカーの方もいます。





KDの城館探訪記

山頂付近には、このような怪しげな洞窟もあります。

洞窟というよりはトンネルでしたけどね。詳細は現地で!





KDの城館探訪記

牛伏山の牛。




===========================================

所在:群馬県高崎市吉井町多比良

評価:★★★ 50選に選定


おそらく城好きの人の中で、この城にここまで高い評価を出すのは自分くらいのものでしょう(笑)。模擬天守というだけで中世城郭派からも近世城郭派からも常に低い評価をされるかわいそうなお城。おまけにこの模擬天守を立てる際に当時の遺構をほぼ破壊しつくしてしまい、中世城郭派の方々からの評価は最低ランクに近いです。受け入れられるのは観光目的で来る一般の方々と、自分の様にコンクリ天守でも抵抗のない、城好きの中でも異質な存在くらいなものか・・・。でも眺めだけはすべての方におすすめできます。

===========================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: