fc2ブログ

記事一覧

北の大地の旅再び編 プロローグ

こちらの記事の宣言どおり、北の大地第2章編を開始します。前回(2015年GW)の旅に続く第2章という意味合いですが、前回のように道東から道南まで短時間で回るという頭のおかしい行程ではなく、2日半で道南のみを回るというノーマルな行程となっています。主目標は続100名城2城と太田山神社の攻略(先行して公開済み)。続の2城はともに登城済みであるのでスタンプ回収がメイン。時間に余裕がありそうなので3日目は半日のんびりニ...

続きを読む

第45回 二人のプリンス

関ヶ原で敗れ、牢人となった武士が豊臣のもとに集結していた。憂慮した家康(松本潤)は、秀頼(作間龍斗)を二条城に呼び、豊臣が徳川に従うことを認めさせようとする。しかし、初めて世間に姿を見せた秀頼の麗しさに人々は熱狂。脅威を感じた家康は、秀忠(森崎ウィン)の世に憂いを残さぬためにも、自らの手で豊臣との問題を解決しようとする。そんな中、豊臣が大仏を再建した方広寺の鐘に刻まれた文言が、大きな火種になる。国...

続きを読む

『探訪記本伝』掲載進捗率(2023年11月25日現在)

2020年8月15日時点での『探訪記本伝』の掲載進捗率はリンク先参照のとおり。あれから3年3ヶ月ほど経った現在の本伝掲載進捗率は以下のとおり。(赤文字が前回から動きがあったところ)...

続きを読む

第44回 徳川幕府誕生

家康(松本潤)は大坂城で、関ヶ原の戦勝報告を行う。茶々(北川景子)から秀頼と孫娘・千姫の婚姻を約束させられ、不満を隠せない。時は流れ、征夷大将軍となり江戸に幕府を開いた家康。ウィリアム・アダムス(村雨辰剛)らと国づくりに励むが、秀忠(森崎ウィン)の頼りなさが不安の種。そんな中、忠勝(山田裕貴)が老齢を理由に隠居を申し出る。一方、大坂では大野治長(玉山鉄二)が茶々の下に戻り、反撃の機会を伺っていた。...

続きを読む

第43回 関ケ原の戦い

秀忠(森崎ウィン)率いる主力軍が来ない。真田の罠にはまってしまったのだ。西軍に圧倒的に数で劣る家康(松本潤)は、野戦での勝負を決断。決戦の地に関ヶ原を選ぶ。そして大量の密書をばらまき、敵に切り崩しを仕掛ける。優位に立つ三成(中村七之助)は呼応するように兵を進め、両陣合わせ15万が集結、天下分け目の大戦が始まる! 一方、大坂では家康の調略に動揺する毛利輝元(吹越満)に、茶々(北川景子)は不満を募らせる...

続きを読む

槍ヶ岳第3章 森林限界

2018年7月 槍ヶ岳登山・諏訪探訪編3-1 槍沢川辺の小休止から再出発すると道は徐々に険しくなっていきます。そろそろ休みたいと思い始めるころに次なる休憩ポイントに到着...

続きを読む

第42回 天下分け目

上杉征伐に向かう家康(松本潤)のもとに、三成(中村七之助)挙兵の知らせが届いた。小山で軍議が開かれ、西国大名の多くが三成につく中、家康は天下分け目の戦に臨むため、西へ戻ると宣言する。秀忠(森崎ウィン)に真田昌幸(佐藤浩市)の攻略を任せ、江戸に戻った家康は、各国大名に応援を働きかける。一方、京では千代(古川琴音)と共に伏見城を守る鳥居元忠(音尾琢真)が、三成の大軍に囲まれ、最期の時を迎えていた。忠臣...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: