fc2ブログ

記事一覧

第41回 逆襲の三成

家康(松本潤)の決断で、佐和山城に隠居させられた三成(中村七之助)。一方、家康は大坂城・西ノ丸に入り、政治を意のままに行い、周囲から天下人と称されていた。そんな家康を茶々(北川景子)は苦々しく見ている。ある時、会津の上杉景勝(津田寛治)に謀反の噂が広がる。家康は茶々から天下泰平のため、成敗に向かうべきと諭されるが、大坂を離れることに一抹の不安を感じ、留守を鳥居元忠(音尾琢真)に預けることにする。石...

続きを読む

第40回 天下人家康

秀吉(ムロツヨシ)が死去し、国内に動揺が走る。家康(徳川家康)は三成(中村七之助)と朝鮮出兵の後始末に追われる。秀吉の遺言に従い、家康は五大老たちと政治を行おうとするものの、毛利輝元(吹越満)や上杉景勝(津田寛治)は自国に引き上げ、前田利家(宅麻伸)は病に倒れる。家康は加藤清正(淵上泰史)ら諸国大名たちから頼られる中、やがて政治の中心を担うようになる。そんな家康に野心ありとみた三成は警戒心を強め、...

続きを読む

第39回 太閤、くたばる

茶々(北川景子)に拾(後の秀頼)が生まれた。家康(松本潤)の説得により、明との和睦を決めた秀吉(ムロツヨシ)。しかし、石田三成(中村七之助)たちが結んだ和議が嘘とわかると、朝鮮へ兵を差し向けると宣言、秀吉の暴走が再び始まった。都が重い空気に包まれる中、家康は息子の秀忠(森崎ウィン)を連れて、京に隠居していた忠次(大森南朋)を訪ねた。忠次から最後の願いを託され 悩む家康に、秀吉が倒れたとの知らせが届...

続きを読む

第38回 唐入り

天下統一を果たした秀吉(ムロツヨシ)は、次の狙いを国外に求めた。江戸開発に勤しんでいた家康(松本潤)をはじめ、諸大名を肥前名護屋城に集め、唐入りを命じる。朝鮮に渡った加藤清正たちから連戦連勝という知らせが届き、秀吉はご満悦だが、家康は苦戦を強いられているという裏情報を掴む。家康は石田三成(中村七之助)とともに渡海しようとする秀吉を必死に止めようとする。そんな時、家康の前に茶々(北川景子)が現れる。...

続きを読む

城館(群馬)目次

○印は50選選定城郭  利根郡片品村寄居山城  古仲城  戸倉関所  北原砦利根郡みなかみ町○名胡桃城  ○明徳寺城  ○小川城  宮野城  箱崎城  石倉城  真田陣屋  富士浅間の砦 三坂茶屋  永井宿本陣  若松屋脇本陣  つるや脇本陣  猿ヶ京関所  中城  須川宿本陣  諏訪の木城  諏訪の木館  寺屋敷  ○味城山の砦  後閑館  内小山の砦  双松館  朝日館利根郡川場村天神城  大友館利根郡昭和村阿岨城  森下城 ...

続きを読む

第37回 さらば三河家臣団

茶々(北川景子)が秀吉(ムロツヨシ)との子・鶴松を産んだ。勢いづく秀吉は、北条攻めを決定。和平を主張する家康(松本潤)に秀吉は先陣を命じ、勝てば北条領を全て与えると言う。しかし、それは故郷・三河を離れることでもあった。家康は家臣たちに事情を話せないまま、出陣を命じる。秀吉が20万もの大軍で小田原城を包囲する中、家康は氏政(駿河太郎)に降伏を促すが、全く応じようとしない。氏政には関東の雄としての意地...

続きを読む

探訪記本伝 目次

探訪記本伝の目次 随時更新※探訪記『本伝』にカテゴライズされるには「最低1泊以上を伴う探訪」を条件としています。なのでたとえ1日で20か所の城館を探訪したとしても、日帰りの場合は『本伝』としてではなくただのバラの探訪記としての取り扱いとなります。『本伝』の中の分類1泊・・・小規模遠征(無印)2~3泊・・・中規模遠征(○印)4泊以上・・・大遠征(★印)〈完〉は探訪記が完結したもの...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: