fc2ブログ

記事一覧

第12回 氏真

武田信玄(阿部寛)から攻め込まれ、家臣にも見限られた氏真(溝端淳平)は、駿河・今川館を捨てる。妻・糸(志田未来)は、彼女の実家である北条に身を寄せるよう勧めるも、氏真は耳を貸さない。一行が徳川領に近い掛川城に落ち延びたため、家康(松本潤)は兄弟同然に育った氏真と直接戦うことになり・・・。...

続きを読む

第11回 信玄との密約

三河国主となり、姓を徳川と改めた家康(松本潤)は、今川領の駿河・遠江を狙う武田信玄(阿部寛)と談判することになる。意外な形で信玄との交渉に臨んだ家康は、双方が今川領を攻め、切り取り次第で己の領地にするという密約を交わす。恩ある今川と戦うことに抵抗を感じつつも、家康は遠江の引間城へと兵を進める。しかも引間城主は、瀬名(有村架純)の親友・お田鶴(関水渚)。お田鶴の身を案じた瀬名は、文を送り…。幸せな日...

続きを読む

古宮城① ~徳川領に打ち込んだ三河進出の拠点~

2018.9 近畿・東海大遠征【6日目の主な行程】自在竜神の伝説→作手歴史民俗資料館→古宮城→亀山城→吉田城→浜松城→引間城→さわやか前日5日目に引き続きの雨模様の天気の中、早朝より奥三河の山奥の道を突き進みほぼ開館時間ちょうどに作手歴史民俗資料館に到着。作手歴史民俗資料館入館無料。続100名城のスタンプは受付にて。状態は良好。150/200(続50/100)個目のスタンプ...

続きを読む

吉田城② ~風は山河より~

吉田城の天守について。吉田城には天守はないといわれていましたが、本丸鉄櫓を「天守」と書かれた絵図面が少なくとも7点確認されており、また丸亀城天守と構造が類似しており、四方に窓があり、本丸御殿も見下ろせることから、鉄櫓が天守相当であったとの考えもあります。鉄櫓の高さは15m、石垣は9m、その最下部に川手三重櫓が建ち、対岸から見る鉄櫓は高さ30m余の「五重天守」としての雄姿を誇っていました。対岸から撮影した...

続きを読む

第10回 側室をどうする!

岡崎城近くの築山に、民の声を聞くための庵を開いた瀬名(有村架純)。ある日、於大(松嶋菜々子)は2人に子が少ないことを心配し、側室を迎えるよう主張する。選ばれたのは、不愛想だが気の利く侍女・お葉(北香那)。家康はお葉と一夜を過ごすことになるが、お葉は思わぬ行動に出る!一方、京の都では政変が勃発。織田信長(岡田准一)や武田信玄(阿部寛)の動きも活発化し、家康は時代の荒波に巻き込まれていく・・・。裏でWBCを...

続きを読む

吉田城① ~東三河の最重要拠点~

2018.9 近畿・東海大遠征【6日目の主な行程】自在竜神の伝説→作手歴史民俗資料館→古宮城→亀山城→吉田城→浜松城→引間城→さわやか豊橋市の中心部、現在の豊橋公園を中心とした一帯が吉田城の城域です。公園内の無料駐車場に駐車し散策開始。...

続きを読む

引間城 ~女城主お田鶴の方・壮絶な討死~

2018.9 近畿・東海大遠征曳馬城、引馬城とも。浜松城の前身に築かれた城であるため古城とも呼ばれています。現在の浜松城公園の北東、国道を挟んだ対岸にある小高い丘に築かれたのが引間城。丘の上には元城町東照宮が建てられています。東照宮敷地内にある元城町公民館の一角に城址碑と説明板が設置。...

続きを読む

お知らせ

2018.9 近畿・東海大遠征 編現在1日目の掲載途中ですが、大河放送に合わせて愛知・静岡の城館の在庫を消化していくという当初の方針(→参照)に沿うため、ここで少し時間を飛ばして次回から6日目以降を掲載していきます。一通り在庫処理が済んだらまた1日目の途中から掲載を再開していこうと思います。...

続きを読む

脇坂安治陣 ~関ヶ原陣地群⑨~

2018.9 近畿・東海大遠征福島正則陣および京極高知・藤堂高虎陣の南、黒血川と藤古川に挟まれた松尾山の麓に位置するのが脇坂安治陣跡。現在はすぐ近くを名神高速が横切っています。高速沿いの道から少し南に入ったところにある陣跡。...

続きを読む

第9回 守るべきもの

身近な家臣さえ信じられなくなり、引きこもる家康(松本潤)を、鳥居忠吉(イッセー尾形)が訪ねてくる。たとえ裏切られても信じきるか、疑いがある者を切り捨てるか、二つに一つ。そう問われた家康は、ある決意を固める。激戦の末、家康はついに一向宗側の軍師と対峙し・・・。三河一向一揆・終結...

続きを読む

藤堂高虎・京極高知陣 ~関ヶ原陣地群⑧~

2018.9 近畿・東海大遠征福島正則陣跡の東、関ケ原中学校の敷地周辺が藤堂高虎・京極高知陣跡。案内表示に沿って進んだら中学校の敷地内を示していて中に入っていいのか少し戸惑うも、門の先すぐ隣に陣跡を示す石碑と説明板等が設置されています。...

続きを読む

福島正則陣 ~関ヶ原陣地群⑦~

2018.9 近畿・東海大遠征関ケ原町松尾にある春日神社周辺が福島正則陣跡。無料駐車場あり。福島正則は、幼少より豊臣秀吉に仕え、豊臣家を慕う気持ちは強かったが、石田三成とは犬猿の仲で、会津征伐の途上で開かれた小山評定では真っ先に徳川家康への加勢を表明したといわれる。以来、常に先鋒を任され、美濃へ侵攻して竹ヶ鼻城や岐阜城を攻め落とした。戦いの前日も、東軍の先鋒として約6,000の兵を率い、夜半に岡山(大垣市)を...

続きを読む

関ケ原宿脇本陣 ~至道無難禅師生誕地~

2018.9 近畿・東海大遠征関ケ原駅の南、R21旧道沿いに古めかしい門と説明板・石碑が建っています。至道無難禅師生誕地 関ケ原宿脇本陣跡...

続きを読む

東首塚・首級墳碑

2018.9 近畿・東海大遠征松平忠吉・井伊直政陣と同じ敷地に東首塚と首級墳碑があります。 ...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: