FC2ブログ

記事一覧

第16回箕輪城まつり 攻防戦(後編)

攻防戦(前編)からの続き。『第5部 井伊軍の追撃 その2』再び、というか三度両軍出陣。 雑兵役のおっちゃんが薙刀の女の子隊にぼこぼこにされて喜んでた。『第6部 長寿院盛淳の最後』島津家家老長寿院盛淳は、島津義弘の影武者として名乗りを上げる。このとき義弘から拝領した陣羽織と、三成から拝領した軍配を身につけていたという。長寿院盛淳(陣羽織は?)...

続きを読む

第16回箕輪城まつり 攻防戦(前編)

前回からの続き。来賓の祝辞が終わっていよいよメインの攻防戦の開始・・・の前に、そうそうこれがありました、鎮魂祭。例によって完全にセレモニー以外の何物でもなく中だるみします。この時私の席の斜め後ろにやたら口の悪いねーちゃんが座っていたのですが、この鎮魂祭をやってる間「どうでもいいからはよ始めろ」だの「やる前から飽きた」だの言いたい放題。心情的には同意だが実際声に出して言うのはつえーなーと。本来であれ...

続きを読む

第16回箕輪城まつり

2018年10月28日 快晴やってきました箕輪城まつり。去年は台風直撃により中止となりましたが、今年は雲一つない秋晴れとなりました。というか日陰にいないと猛烈に暑いです。車の中なんて日差しの下で密閉してると暑さで死ねるレベルで、窓を開ければ大丈夫ではありますが窓を開けにくい状況(前の車がトラックとかの場合)では窓を閉めて冷房を入れなければならないほど。どうも近年山城シーズンの本格始動が年々遅くなっている気...

続きを読む

前橋探訪2018 part3・part4ほか

2018年の写真フォルダをあさったところ、県内城館分でまだ本公開も先行公開もされていないものがあったので、ここでまとめて先行公開としてあげておきます。先行公開してる暇あったらさっさと在庫処理しろという意見は、在庫が100城や200城程度であればまさしく正論ですが、在庫が4桁を越えて久しい現状においては机上の空論にすぎません。目の前の1城を片づけている間に新規で20城追加しているペースの現状において、先行公開でメ...

続きを読む

小八木新井屋敷 ~連結環濠屋敷~

高崎市史No.34黒崎屋敷の西側150mほど、小川を挟んで近接した位置にあったのが小八木新井屋敷(別名青木屋敷)。この小川一つが曲者で、前回黒崎屋敷探訪時には対岸まで渡ることができずに日没終了となっていたものです。小さな堀でも渡る手段がないと守備効果は抜群であることの良い例。屋敷跡現況...

続きを読む

下芝の砦 ~青柳忠家の子治部が居住~

箕郷探訪ファイナル・前半戦青柳屋敷の東900m弱ほどのところにあったのが下芝の砦。城郭大系には「青柳忠家の子治部が居住」とあります(『箕輪軍記』にも記述*あり)。『群馬県古城塁址の研究』に収録の山崎先生の図を見ると、該当地は現在住宅密集地となっている場所のど真ん中になっています。*「内藤修理は・・・保渡田城に居住して西上州七郡を治めた。・・・青柳治部を下芝に配置し」...

続きを読む

青柳屋敷 ~青柳金王忠家、主家に殉ずる~

箕郷探訪ファイナル・前半戦箕郷町下芝、榛名白川の東岸に面した場所に築かれたのが青柳屋敷。城郭大系には「青柳金王忠家の屋敷」とあります。青柳忠家は箕輪長野家の家臣で、長野十六槍の1人。長野十六槍といえば剣聖・上泉信綱を筆頭に、藤井友忠(勝頼の首をとる寸前まで追い込んだ第一の家老)、白川満勝(白川砦将)、岸信保、大道寺信方などが挙げられていますが、16名全員の名は現時点ではつかめていません。いっそのこと...

続きを読む

箕郷探訪ファイナル

上州山城シーズン開幕前の前哨戦として、10月7日と10月21日に榛名南面を中心とした慣らし探訪を行いました。この探訪で現時点で判明している高崎市箕郷町の未訪城館の悉皆調査を完了したはず。時間を置くと写真を見てもどこに行ったか忘れるレベルの城館なので(当然表示物なし)、記憶があるうちにここで記録。10月7日(安中市)在家館(旧高崎市)石神の砦 井野屋敷(旧箕郷町)青柳屋敷 下芝の砦10月21日(旧高崎市)小八木新...

続きを読む

井野屋敷 ~楽間の宝塔~

高崎市史No.13石神の砦から北西500mほどのところにあるのが井野屋敷。現在の位置は早瀬川の外側(箕輪から見て)となっていますが、往時はこの屋域から100mほどのところを早瀬川が西から南へ回り込んで流れていたと推定され、早瀬川に沿った箕輪城防衛線の堡塁の一つとされます。屋敷跡南面...

続きを読む

鹿児島遠征+α

次の本伝→2019.4 沖縄弾丸part.2前の本伝→2018.10 北の大地再び1日目今年最後の遠征(予定)として楽しみにしていた鹿児島遠征であったが、初日からつまずく成田までの道の至る所で低速トラックの妨害に合い、まさかのフライト時間に間に合わず夕食がおいしいと評判のホテルの予約をしていたのに、当日キャンセルで半額のキャンセル料を取られてしまった・・・これにより当初の予定を大幅に縮減しての探訪となるおまけに現金の持ち...

続きを読む

石神の砦 ~箕輪城砦群・早瀬川防衛ライン~

高崎市史No.14高崎市楽間町字石神、早瀬川の流路が南北から東西に代わるコーナー部の内側に築かれたのが石神の砦。箕輪長野氏の防衛線の諸砦は早瀬川に沿って約250m間隔で並んでいるとあり(高崎市史)、その一つがこの石神の砦で、東には北新波の砦、西には楽間屋敷(井野屋敷)があります。...

続きを読む

皿窪の砦 ~赤萩地域城の一つ~

2017年12月 年末年始6連戦DAY3皿窪館(八幡宮)から詰城である皿窪の砦へ。八幡宮の裏の林を突っ切ると細い道路に出るので、それを東へ。少し進むと砦への登り口があります。ちなみに八幡宮脇からは写真の城道が続いており、この道をたどればちょうど砦の登り口に出るのでおすすめ。...

続きを読む

皿窪館 ~皿窪砦の居館~

2017年12月 年末年始6連戦DAY3仁田山城攻略後、県道を下っていくと道沿いに八幡宮があります。この裏山に築かれたのが皿窪の砦。行きがけの駄賃で登ってみることにしました。なお、八幡宮の場所はこの砦の平時の館跡であったといいます。八幡宮...

続きを読む

仁田山城② ~圧巻の三連堀切~

その①仁田山城の本丸に到着。この城の大きな見どころは本丸のその先にあります。本丸を奥に進んでいくと堀切が登場。しっかりとした堀切があるとは話に聞いていましたが、実際目にすると想像のサイズを超えていました。深さは4mほどで、両側面は竪堀となって落ちています。一部岩盤を削っているように見えるなかなか強烈な堀切です。動画にて...

続きを読む

仁田山城① ~11段の小郭の構え~

2017年12月 年末年始6連戦DAY3仁田山館に続いて本日のメインディッシュ・仁田山城へ。あそこまで登るのか・・・...

続きを読む

仁田山館 ~仁田山城主の館~

2017年12月 年末年始6連戦DAY3この日のメインターゲットは桐生と大間々の境近くにある通称「石尊山」に築かれた仁田山城。桐生市川内町地区のr338を北上し、その麓に到着。山城に登る前に、この麓地区に居館の跡があるというので探索します。県道に面した場所にある「五丁目三町会広場」ここが仁田山城の居館跡に該当し、広さは方80mほど。南と西は沢の崖端に守られ、居館とはいえ要害性もあります。...

続きを読む

北の大地の旅再び

次の本伝→2018.10 鹿児島遠征+α前の本伝→2018.9 近畿・東海大遠征1日目きのこ王国白絹の床洞爺湖鷲ノ木史跡公園七稜郭(峠下台場)攻略失敗三稜郭(桔梗野台場)志苔館(再訪・スタンプ)その他いろいろ...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: