FC2ブログ

記事一覧

井平城② ~不思議なⒹ曲輪~

井平城の遺構探索中。説明板にあったこの図が分かりやすいので以下の解説に利用させてもらいます。この図で「現在地」と表示されているのは説明板が設置されている場所で、私はそこから竪堀状の地形を降りてⒻ地点付近に到達しています。ここは帯郭状の平場で、左右両翼にのびる丘陵地形の連結の役割があったようにも感じます。ここから西側(図の左側)へ進みます。...

続きを読む

井平城① ~旧鳳来寺街道上の要所~

井平氏居館から少し奥に入ったところに井平城への登城口があります。 入口の案内表示。駐車場は矢印方向徒歩1分ほどのところにあります。普通の空き地のような場所になっていましたが、この山間の地である程度の広さの平場を駐車場として無償で提供していただいているのはありがたいことです。車を停めてこの場所から登城開始。...

続きを読む

井平氏居館 ~直虎のおばあちゃんち~

竹馬寺の見学終了時点で時刻は17時を回りました。8月とはいえ夏至のころと比べると日が短くなってきている頃ですが、ここから粘るのが私の真骨頂(→参照)。あと何か所探訪を重ねることができるか。狭い山道を戻り、国道に復帰。ここから近くにある伊平幼稚園のすぐ北側に説明板が設置されています。井平氏居館跡この場所は、井平氏の居館跡と伝えられております。寛元3年(1245)井伊家から分家した井平直時は此処に居館を構え、...

続きを読む

竹馬寺(仏坂十一面観音堂)

仏坂古戦場の探訪後、『井伊直虎GUIDE BOOK』には登録外ですが、麓の案内図にあった「仏坂十一面観音堂」にも足を運んでみることにします。再掲案内図途中いくつか見どころがあったので併せて掲載。...

続きを読む

第38回 井伊を共に去りぬ

武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤康用(橋本じゅん)に対し、直虎(柴咲コウ)は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。武田の陣に単身乗り込んだ南渓(小林薫)は、信玄(松平健)と対面し、井伊の家名を復することと本領安堵を願い出る。井伊に安堵状が届くが、そこには近藤の首...

続きを読む

仏坂古戦場

「伝 小野但馬守の供養塔」からR257を北上して伊平(井平)地区へ。いだいら観光マップしばし国道を道なりに北上し、伊平橋で川を渡って左カーブをした先に仏坂古戦場へ向かう道があります。...

続きを読む

小野但馬守政次 終焉の地

井伊直親の墓からR257を北上し井伊谷へ。次の目的地はちょうど探訪時の直近の大河放送回(第33回)の紀行に登場した「伝 小野但馬守の供養塔」。場所は井伊谷城の東側麓にあります。詳細は公式の紀行のページを参考。左手に井伊谷城、右手に三岳城と久しぶりの光景を眺めつつ、該当地に到着。しかし車を停める場所がありません。少し山側に入ると道が広くなったところがあるのでちょっとここで路肩に停車させてもらおうかなと思っ...

続きを読む

井伊直親の墓

蜂前神社の北、都田川北岸の堤防下に井伊直親の墓はあります。R257で都田川を渡ってすぐのところを左折すればたどり着きますが、その地点をやり過ごしてしまったため大回りする羽目に。 大回りした結果西側から堤防上に上がってきました。墓所の場所には旗が立っているので少し離れた場所からも確認できます。堤防上は1.5車線もないような道ですが、墓所の入口付近にわずかな余白があるので停車することは可能。...

続きを読む

蜂前神社

三方ヶ原古戦場から祝田坂を下ると国道沿い左手に「蜂前神社」の表示が目に入ります。いわゆる「井伊谷徳政」騒ぎの際に舞台の一つとなったところで、大河ドラマでは第13回~第15回、第30回で徳政令騒動について描いています。紀行では第14回に蜂前神社が登場。蜂前神社神社の前に広がる平野もかつては今川家の家臣として井伊家の領地でした。この一帯をかつては刑部郷といい、これは奈良時代から続く古い地名です。井伊直盛の代に...

続きを読む

三方ヶ原古戦場

堀江陣屋から向かったのが三方ヶ原古戦場。戦国時代でも指折りの有名な戦いですが、実は三方ヶ原の戦いにおける主戦場は、三方原台地であるということ以外、詳しくわかっていません。現在三方原の一角にある三方原墓園に古戦場の碑が設置されています。三方ヶ原古戦場碑...

続きを読む

プロフィール画像替えました

今年の2月から期間限定でアイコンとして使用してきたこの子。直虎どーもくんこの記事にもある通り今年の大河放送期間限定のアイコンでしたが、肝心の直虎さまが第37回で尼削ぎを卒業されてしまい、復活の気配もないのでやむを得ず少し早いですが私もこのアイコンを卒業します。お気に入りだったのになー。...

続きを読む

堀江陣屋 ~高家大沢氏と万石事件~

堀江城の大沢氏は、関ヶ原の戦い後は敷知郡堀江村など6ヶ村で1550石を安堵され、「高家」として江戸幕府と朝廷との折衝を行う役割を担います。このころ大沢氏は城の一角に堀江陣屋を設置し、そこに移ります。正確な時期は定かではありませんが、元和元年(1615)前後と思われます。手元にある資料にも、堀江城のすぐ隣に「陣屋」の表示が見られます。資料「浜松の城跡見どころマップ」よりちなみにこの資料、半年前に浜松市地域遺...

続きを読む

堀江城 ~大沢基胤、城を守り抜く~

気賀のイベント会場を後にし、続いて向かったのが大沢氏の代々の居城・堀江城。大河ドラマでは城主大沢基胤を嶋田久作さんが演じていましたね。場所は浜名湖パルパル(遊園地)があるところ。 遊園地周りには専用駐車場っぽいところしかありません。車を停められるところを探しながら奥に進むと舘山寺温泉街に入ってしまい、一番奥は有料駐車場となっておりこれははめられたと思いきや、よく見ると30分無料とのこと。これは助かり...

続きを読む

第37回 武田が来たりて火を放つ

元亀3年(1572)秋、井伊谷は近藤康用(橋本じゅん)の治世のもと、平穏な日々を取り戻していた。還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)とともに新しい生活を送っていた。また方久(ムロツヨシ)はあやめ(光浦靖子)の刺しゅうの腕にほれこみ、ある提案をする。そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から龍雲丸に誘いの便りが届く。龍雲丸は直虎に一緒に堺に行って...

続きを読む

大河ドラマ館(直虎様の日)

『なおとらSummer Day』の真っ最中ですが、合間を見計らってこちらにも寄ってみました。大河ドラマ館前回訪問時はすでに閉館時間後だったために入れなかったんですよね。その時に周りを歩いていたのでチケット売り場が外にあるのは知ってましたが、一応念のために建物内にも売り場はないか、近くにいるスタッフさんに聞いてみたんですよ。建物内で買えるのならそのほうが近いし。そうしたらこのスタッフさん(炎天下で汗だくになっ...

続きを読む

直虎様の日~なおとらSummer Day~

刑部城探索の後、やってきました『なおとらSummer Day』。いまさらですがこの『Summer Day』、「夏の日」と「様の日」をかけているんですね。イベント会場の浜松市北区役所駐車場に到着したのは昼の12時を回った頃。イベント開始から2時間ほど経過しています。まず目につくのがごっついトラック。...

続きを読む

鳥羽山城 ~陣城から迎賓機能を持つ居館へ~

二俣城の南方の丘陵上、現在鳥羽山公園となっている場所に築かれたのが鳥羽山城です。丘陵の上まで車で登ることができます。鳥羽山城は、東西500m以上におよぶ標高108mの独立丘陵を巧みに加工して築城されています。本丸をめぐる土塁や石垣が良好な状態で残され、本丸の内部では、発掘調査によって礎石建物や庭園が確認されています。また、本丸に至る大手道は石垣で荘厳化されており、幅6mを越える破格の規模を誇ります。こう...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: