記事一覧

鍋倉城① ~遠野の里を一望~

横田城から高善旅館跡を経由して鍋倉城へ。遠野中心街の南にある標高340mほどの山上に築かれたのが鍋倉城で、現在は鍋倉公園として整備されています。山上まで車道がつながっているので登るのはらくちんな城なのですが・・・ ここはドコ?               対向車が来たらアウツ進入路を誤り、遠野高校の裏側からほっそい山道を遠回りして鍋倉公園へ向かう羽目になりました。だいぶ迂回してしまいましたが、なんとか...

続きを読む

2012平清盛OP クレジット付

直虎第25回でゴクウの中の人が清盛の兎丸幼少期を演じていたということを知り、この動画で確認。1:15のあたりに登場...

続きを読む

第25回 材木を抱いて飛べ

井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。一方、井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げする。駿府では今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田への対抗策として「塩止め」を行い、武田家と通じる商人の取り締まりを強化していた。そんな中、井伊家の材木の商い先である「成川屋」が三河の徳川に材木を流していることが発覚する。そ...

続きを読む

おまけ 「日本で海から一番遠い地点」到達認定証

日本で海から一番遠い地点への到達、無事達成。後日ネットで他の人たちの到達記を参照していたところ、以下の案内マップを見つけました。佐久市観光協会発行 「日本で海岸線から一番遠い地点」への道のり大変詳しいガイドマップ。実際に自分の足で歩いた後であるため、書かれている一つ一つの説明にすべて頷くことができます。これをもって現地を歩きたかったな~。このガイドではコースタイム80分とあります。うん、山歩きに慣れ...

続きを読む

最終話 五稜郭 であいの館

新海三社神社からゴール地点の「佐久市歴史の里 五稜郭 であいの館」へ。五稜郭 であいの館日陰場所に駐車できてラッキー。すぐ隣には続100名城に選出された龍岡城があります。訪問するのは2008年11月以来、およそ8年8か月ぶり。とは言ってもスタンプが設置されたらまた訪問する必要があるので、今回あえて龍岡城には立ち寄りません。徒歩1分圏内にある龍岡城を横目で眺めつつ、施設に入ります。そういえばこの施設、前回訪問時に...

続きを読む

第5話 新海三社神社

『踏破者限定特別企画』チェックポイント4 「二匹の龍? 新海三社神社 御魂代石」 水落観音を後にし、超狭路の山道を下り県道に復帰。3つ目のチェックポイントである「新海三社神社」(単に「新海神社」とも)を目指し西へ下ります。神社到着。デジカメの電池残量が相変わらず点滅状態なので、細かいところは飛ばします。...

続きを読む

第4話 水落観音

『踏破者限定特別企画』 チェックポイント3 「清水が湧き出る岩壁! 水落観音」 佐久市観光協会臼田支部によると、5つのチェックポイントのうちチェックポイント2と3はチャレンジ(難所)ポイントとなっています。と言ってもどの程度の難所なのかは不明で、私的には雨川ダムの難度が0だったためここも言うほどの難度ではないだろうと若干軽く考えていました。しかしその考えは甘かったということを知ることになります。 案内表示...

続きを読む

第3話 雨川ダム

「日本で海から一番遠い地点」への到達には成功しましたが、今回の目標はもう一つあります。導入でも紹介した「踏破者限定特別企画」に参加し、オリジナルピンバッチを入手することです。そのためにはpdfファイルにある5つのチェックポイントのうち3つ以上のポイントでの写真撮影が必要であるという。やるからには3つと言わず完全制覇を目指すのが私の常なのですが、改めてポイントを確認すると。チェックポイント2 「地下湖が見え...

続きを読む

第2話 日本で海から一番遠い地点【到達困難極】

田口峠から臼田方面へ下っていく途中、雨川砂防ダムの手前で左手に入る道があります。ここが「日本で海から一番遠い地点」(以下「地点」)への入口となります。案内表示田口峠側からだとこの表示が裏側になって見えないので注意。表示の場所で曲がり橋を渡るとすぐにゲートが現れます。1台くらいならこのゲート手前に停めることもできそうですが、右手100mほど進むと広大な空き地があるので、そちらに停めるほうが安心。...

続きを読む

第24回 さよならだけが人生か?

直虎(柴咲コウ)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥)。一方駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凜)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。一方、岡崎では緊張の面持ちの松平家康(阿部サダヲ)が織田信長(市川海老蔵)と面会していた。家康に武...

続きを読む

第1話 田口峠

2017年6月17日(土) 晴れ 暑い9:30出発寝坊したので遅い出発。おまけに「日本で海から一番遠い地点」へ行こうと急遽思い立ったのが前日の夜であったため、準備も不十分。デジカメを充電し忘れたし、充電器やナップサックなどもすべて家に置いてきてしまった。せっかくの車内電源も活用できないな。まあしょうがない、半日くらいなら何とかバッテリーも持つでしょう。前夜見たこちらのページのpdfファイルには、手順1に『佐久市...

続きを読む

日本で海から一番遠い地点へ

日本で一番海から遠い地点ってどこだか知ってますか?なんとなく北海道のど真ん中、大雪山とか十勝岳のあたりだと思うでしょう。しかし実際は長野県佐久市、群馬との県境近くの山奥にその「海から一番遠い地点」(以下「地点」)があるのです。参照:「日本で海から一番遠い地点」(佐久市HPより)...

続きを読む

高善旅館跡

横田城から次なる目的地の鍋倉城を目指し、猿ヶ石川を渡り南下。道なりに走り遠野の中心街付近に入ったところで石碑を発見。...

続きを読む

横田城 ~二つの桜が残る阿曽沼氏居城~

阿曽沼公歴代の墓からさらに先に進むと、道路沿いに横田城の目立つ表示が現れます。案内表示 車道から脇道へ私ははじめ車に乗ったまま最初の案内表示のところを左折し、そのまま車道をしばらく進んだところ民家が数件建ち並ぶドン詰まりにはまり、途中見かけた表示のところで山側に入るんだったと悟り引き返すということをしています。1枚目の写真地点近くまで戻るも、ここも駐車場はなし。幸いちょうど迷惑にならないような日陰ス...

続きを読む

遠野物語の日

現在遠野の地の探訪記を掲載中なので、関連して。6月14日は「遠野物語の日」。明治43年(1910)6月14日、柳田國男によって『遠野物語』が刊行されました。...

続きを読む

阿曽沼公歴代の碑(墓)(遠野遺産 第84号)

太郎淵から100mほど先に進んだところにあるのが「阿曽沼公歴代の墓」。道路沿いにある塚のようなちょっとした高台がそれ。駐車場はないので路駐。看板に表示されている「遠野遺産第84号」の登録名は「阿曽沼公歴代の碑」。この場所も「清心尼公の墓」と同様、史跡の表示方法が碑と墓の二通りあります。石段の両側は芝桜、段上には枝垂れ桜があり、シーズンにはきれいな花が見られるそうな。...

続きを読む

太郎淵(遠野遺産 第91号)

清心尼公の墓から車へ戻り車道を北へ進むと、右手に沼と説明板が現れます。この沼(淵)が太郎淵と呼ばれるところで、遠野遺産の第91号に認定されています。「川には河童多く住めり。猿ケ石川ことに多し」と遠野物語に記されるように、この流域には河童の伝説が多くある。光興寺の淵に太郎という河童が住んでいて、洗濯など水仕事に来る集落の女達をのぞきに来てはいつも悪さをして困ったという。また、この淵の下方にも淵があって...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日生野菜摂取しないと死ぬ。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: