FC2ブログ

記事一覧

第14回箕輪城まつり(中編)

前編から続いて「第3部 一郷山城の戦い」から・・・といっても、これは両軍がぞろぞろ出てきてガチャガチャ槍合わせをするくらいでやってることは第1部と同じ。講談師がストーリーを述べていましたが内容忘れてしまいました。以前と比べてこれほど内容が進化しているならメモの準備しとくんだったな。第4部 多比良友定 出陣オール上州軍、羽尾幸全に続いて登場はこれまた渋いところ、多比良友定。新堀城(多比良城)城主で、長...

続きを読む

第14回箕輪城まつり(前編)

2016年10月30日、第14回箕輪城まつり開催。ここ数年まつりには足を運んでいなかったので、久しぶりに見に行くことにしました。4年ぶりになります。その前に、第9回(2011年)と第10回(2012年)のまつりの様子を以前記事にしたはずと思い検索すると、第9回の時は出陣式の模様だけ、第10回の時は明日見に行きますの記事だけしか書いていませんでした。今年の話に入る前に、中途半端な記事の始末をするために覚えていることだけ書い...

続きを読む

中城城④ ~護佐丸・拝所・ペリー・廃墟!~

謎の廃墟は大変気になりますが、城内の見どころを抑えることを優先しなければなりません。ジオラマより一の郭から、残った南の郭、西の郭などを駆け足で探索します。...

続きを読む

中城城③ ~琉球の風に吹かれて~

面白いものを見つけたのでリンク貼り付け。#沖縄 #世界遺産 #物語 #イケメン #相関図 #首里城 pic.twitter.com/2TqOeRzDnA— 5jo沖縄世界遺産物語 (@5jo_project) 2016年10月3日 基本的なことを踏まえてわかりやすくまとまっていると思います。導入にはうってつけ。...

続きを読む

中城城② ~名将護佐丸は名築城家~

中城城は当時貿易港であった屋宜港から2キロメートルほど離れた標高約160メートルの丘陵上にあり、中城村の北西から南側に伸びていく丘陵の東崖縁を天然の要害とし、グスクの中で最も遺構がよく残っていることで知られている。 石垣の上に立つと西に東シナ海、東に中城湾(太平洋)、さらには洋上の島々まで見渡せる。創始は明らかではないが、14世紀後半頃迄に先中城按司(さちなかぐずくあじ)が数世代にわたり南の郭、西の郭、...

続きを読む

中城城① ~原形を留めた六連郭のグスク~

国指定史跡・中城城。2000年に登録された世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」を構成する9つの史跡の一つ。勝連城を後にし、中城城駐車場に到着したのは16:45。冬場ではもう暗闇になっている時間帯ですが、幸いなことに探訪時の4月はまだまだ太陽は健在。これなら十分探索できると胸をなでおろし、ゲートをくぐって料金所へ。料金所入城料金は400円。ここで忘れちゃいけない100名城スタンプを押印。例のオレンジ色のステッ...

続きを読む

第41回 入城

九度山での悠々自適のスローライフで血色もよく見た目も初期とほとんど変わっていない今作の信繁に、文献の内容を無理やり取り入れようとした結果が徳川方の目を欺くための変装という演出ですか。特殊メイクでジジイになったところで、九度山での監視役やら直接命を狙いに来た半蔵やらにばっちり素顔を見られているわけですけどね。せめて大坂入城時のジジイの様子が徳川方に伝わり、それで多少なりとも徳川方が油断するかのような...

続きを読む

真田丸 ~伝承の跡地を求めて~

今回は城館として真田丸を取り上げます(城館なので以下太字表記)。ここまで三光神社、旧真田山陸軍墓地、心眼寺、円珠庵鎌八幡とゆかりの地を巡ってきました。それぞれの地に真田丸に関連する表示がなされていましたが・・・それで結局、真田丸はどこにあったのか?その疑問の答えは、心眼時の向かい、明星学園のテニスコート外の道路沿いにある真新しい立派な石碑に記されていました。...

続きを読む

円珠庵鎌八幡

心眼寺から、明星高校を挟んでちょうど対角線上に位置する円珠庵。ここも真田丸めぐりのスポットの一つに挙げられています。  餌差町交差点の北西角に位置する円珠庵。鎌八幡のエノキの御神木も見えます。鎌八幡(かまはちまん)元和の大坂冬の陣の時真田信繁(幸村)が、陣所内にて当時信仰を集めていた御神木に、「鎌八幡大菩薩」と称して慣例に習い鎌を打ち込み、必勝を祈願したところ、大いに戦勝をあげたと伝承されている。...

続きを読む

心眼寺

旧真田山陸軍墓地の西側は寺院が建ち並ぶ一角となっています。その中の一つ、興徳寺ちょっとお邪魔します。...

続きを読む

旧真田山陸軍墓地

三光神社を後にし、宰相山公園を散策。 公園内の高低差。この時点では私は真田丸の正確な範囲というものを把握してはいませんが、地形的にはここに出丸(砦)があったとしても何ら不思議はありません。次の目的地は西側にある心眼時。公園から降りて道路沿いに真田山小学校の南を回っていくのが無難ですが、公園をまっすぐ西側に突っ切ればショートカットできるのではと考え、公園上まで登ってみると・・・...

続きを読む

三光神社

朝8時、大阪市中央区玉造1丁目。玉造交差点この場所に至るまでの経緯は名古屋・大阪編本編にて。ここから天王寺区玉造本町に入り、最初の目的地の三光神社に向かいます。...

続きを読む

名古屋・大阪 巨城探索

ということで、10月の3連休+夏休の残りを消化して名古屋・大阪のど真ん中に行ってきました。経県値も1点増えました今回の目的は名古屋城・大阪城の2大巨城を存分に満喫することと、真田丸周辺の探索。それ以外のところには極力立ち寄らないつもりだったので、通常の遠征よりは訪問箇所がかなり抑えられています。それ以外のところの一例↓...

続きを読む

大阪城(先行公開)

国特別史跡・日本三名城 大阪城!この城をあえて最後まで残しておいた私の考えは正しかったと確信した1日でした。大阪歴史博物館10階からの眺め...

続きを読む

名古屋城(先行公開)

国特別史跡・日本三名城 名古屋城!本丸御殿 表書院 上段之間・一之間...

続きを読む

大和郡山城(先行公開)

私的真百名城選定城郭・郡山城!安芸の吉田郡山城が郡山城の名で100名城に登録されているため、区別のため大和郡山城と表記します。(リンク先の記事の写真が百万一心碑以外不一致なのは誤って同一名の写真ファイルを上書きしてしまったため。しょうがないので後日再訪)復元された追手向櫓...

続きを読む

岡豊城(先行公開)

長曾我部氏の本拠 国指定史跡・岡豊城!小学館日本名城百選・私的真百名城選定城郭...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: