FC2ブログ

記事一覧

熊本城⑥ ~本丸御殿・昭君之間の秘密~

加藤清正によって創建され、行政の場・歴代肥後藩主の対面所(会見の場)として使われてきた本丸御殿は、明治10年(1877)の西南戦争で焼失しました。その本丸御殿の復元に着工したのは平成15年。そして平成20年春、ついに大名文化の粋を集めた創建時の世界が甦りました。説明するより見てもらう方が早いので早速行きましょう。外は暑いので早く中に入りたい。玄関ホールから入ると受付カウンターのようなところがあるので、思わず...

続きを読む

熊本城⑤ ~大小天守と秘密の抜け穴?~

一口城主の名簿で埋め尽くされた地階から上へ進むと分岐点。まずは小天守から登ってみます。...

続きを読む

私的真百名城

城の評価欄に稀に出てくる「私的真百名城選定(候補)」という言葉。これは城郭協会が選定した日本100名城以外の城の中から私的に百名城を選ぶというものです。現時点での選定候補は以下の通り。(カッコつき)の城は優先順位が一段下がる城。...

続きを読む

先行公開やら

去年9月の九州遠征の記事がまだ半分も消化できていないKDです。このペースでは次の遠征までに片付かない可能性が高くなってきました。あの時のような悲劇が再び襲わないとも限らないので(一応あれ以来バックアップを取るようにはしているが)、いくつか先行公開しておきます。...

続きを読む

熊本城④ ~一口城主マリポーサさん~

宇土櫓1階。三間四方の主室にて佇んでいる先客発見。涼みがてら暫し待機。 何を見ていたのかと覗くと、「武将たちの夢」と題した一文。ややポエムチックですがこういった文章好きです。・・・城づくりは壮大な叙事詩といえるでしょう。武将たちの夢だったのです。・・・この部屋でそっと耳をすますと、武将たちのさざめきが聞こえてくるようです。...

続きを読む

熊本城③ ~第三の天守・宇土櫓~

西南戦争特別展を後にし、外に出ます。あ、暑い・・・ 南大手櫓門熊本城西出丸にある3つの大手門の一つ。並の兵力ではこの櫓門を突破できそうにありません。先ほどまでの特別展はこの中で開かれていました。...

続きを読む

熊本城② ~西南戦争特別展~

いきなりですが、以下の漫画をご覧ください。「腹がへるへる籠城戦」...

続きを読む

山城で“地方創生”

こういう記事がありました。「近江を制するものは天下を制す」信長、秀吉ゆかりの“城の国”…埋もれた山城を発掘“地方創生”にいずれリンク切れするだろうから以下に全文コピペしておきます。...

続きを読む

美肌県グランプリ

本日のケンミンSHOWにて。タイトルにある美肌県グランプリで、我らが群馬県の女性が2年連続で栄えある最下位に輝いたことが放映されました。まあそれは必然というかやむにやまれぬというかでぶっちゃけどうでもいいんですが、ある真実が公表されたのはとてもよかったです。...

続きを読む

熊本城① ~別格の城~

9月25日(晴れ)。九州遠征5日目。お待たせしました。超メジャー城郭、日本三名城の一つ熊本城に登城です。熊本城にはこれで3度目の登城になります。一度行った城には極力再訪しない(*注)私としては例外的な城になります。ただし1度目の登城は幼少時で記憶はほとんど残っておらず、2度目は中学時代の家族旅行時で、その時は城内をくまなく見て回ったわけではありません。前の2回はいずれも自力で城めぐりを行う前の登城なので、...

続きを読む

カーフェリーで火の国へ

現在地の島原から明日の探訪の地である熊本までは、陸路で進もうとすると恐ろしく大回りをしなければなりません。ここで時間短縮の大きな手助けとなるのがカーフェリーの存在です。 島原港フェリーターミナル。ここから島原-熊本間最速30分(島原発熊本行きは熊本港周辺海面作業の安全確保のため、9月から5月までは減速して10分程遅延)のオーシャンアロー号に乗船します。プリウス号、運転手込みで料金3,700円。カーフェリーっ...

続きを読む

松平勘解由邸 ~島原藩家老屋敷~

島原城の南側の堀沿いに、一本の標柱を発見。史跡 家老松平勘解由邸跡...

続きを読む

島原城③ ~4万石には過分な堅城~

 続いては西望記念館。城として見ると巽の櫓。文化勲章を受賞した郷土出身の北村西望氏の彫塑が展示されています。共通入館券で入れるということ。なるほど、こうやって観光客を強制的に誘導する手法ですか。...

続きを読む

島原城② ~島原大変肥後迷惑~

続いて2階、郷土史料フロア。 ここは藩主や島原城関係の文物を展示しているフロア。武具や甲冑、松平家家宝の神気・神息の太刀など展示。...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: