記事一覧

湯殿山城③ ~千古不易~

その②尾根を登っていきます。左手は烏川に面した断崖。...

続きを読む

【鬼武者Soul 】東国一の美少女

鬼武者soulのお話。基本的にこのゲームについては攻城戦をやってるときしか記事を作成しないので、通常ならば次の記事はまた一ヶ月後になってしまうところですが、来月末は攻城戦に参加できるか極めて怪しいため、今のうちにもう一つ記事を書いておきます。さて、タイトルの人物といえばこの方。はい、駒姫ちゃんです。この方について何も知らないという人は、とりあえずこちらとこちらでも読んでおきましょう。私は2009年5月に山...

続きを読む

湯殿山城② ~修験道の道場~

その①廃屋から抜け出したところ(再掲)。榛名町誌によると、かつてこの地に出羽三山の湯殿・羽黒・月山を勧請した修験道の道場があったという。ここは烏川に面した西・南・東の三方が断崖となっている天然の要害で、外界と隔絶しており、修行するには適していたのでしょう。ところどころ残されている石造物も、その頃の名残と思われます。この写真左手に目を向けてみると・・・...

続きを読む

湯殿山城① ~廃屋の恐怖~

旧榛名町の城館・その㉚R406を高崎方面から走ると、倉渕に入る手前に標高370mの湯殿山があります。この山に築かれた城が湯殿山城になります。初訪時には攻略できず撤退したため、再訪を要した場所です。まずは一度目の記録から。季節は夏の終わり、上里見城などを探訪した日。R406湯殿山トンネル。高崎側から来た場合、このトンネル手前で左の道へ入ります。...

続きを読む

蕨平の砦 ~茶釜坂の伝説~

旧榛名町の城館・その㉙榛名町誌に記載されている城館の中で、最後まで位置の特定に手間取ったところ。付図とこれまでの経験から蕨平公民館南の山が怪しいとにらんでいたものの、山に分け入る道があるかどうかも不明で、これまで攻城を後回しにしてきました。しかしこのたび、旧榛名地区の城館コンプリートのため、ついにこの砦を攻めることを決意。場所は上里見町字蕨平、怪しいとにらんでいた蕨平公民館南の山がまさにそれ。r48...

続きを読む

榛名山城② ~峻嶮なる信仰の山~

その①獣道に導かれるように奥へと進む。そこにあるのは・・・尾根道だ!...

続きを読む

榛名山城① ~秋葉神社への道~

旧榛名町の城館・その㉘榛名神社境内の西に聳える標高930mの尾根は城山(じょうやま)と呼ばれています。この尾根に築かれた城が榛名山城で、別名は滝の平城。榛名神社訪問記を掲載してから、あっという間に4カ月近く経過してしまいました。ようやくその時残した榛名山城の登城記に入ります。増え続ける在庫の山に埋もれて沈みそうな私にとっては、これでもかなりの早期掲載となります(1年以内に記事を作成できれば早い方)。と...

続きを読む

小五郎の砦 ~小五郎義貞が育つ~

旧榛名町の城館・その㉗旧榛名町の城館編も、ようやく残すところあと少しになってきました。さて、今回掲載の小五郎の砦は里見義忠の三男・里見小五郎が幼少期を過ごした場所といいます。地元の伝承では、この場所で成長した小五郎は後に新田家に養子として迎えられ、新田義貞になったとされています。里見館・上大島館も参照。『新田正伝記』、『新田族譜』、『里見系図』などの史料は、義貞が里見氏からの養子であることを示唆し...

続きを読む

猪土手 ~長防衛線~

旧榛名町の城館・その㉖獅子土手とも。読みはどちらも「しし」土手。そもそも一般的に猪土手とは、読んで字のごとくイノシシなどの野生動物から農作物を守るため、土を掘って溝を造り、掘った土を盛土して築いた土手のことを指しています。かつては人と野生動物の生活圏を棲み分けるための壁であり、サト(里)とヤマ(山)の境界線であったと解釈できます。(参照:群馬県職員労働組合 2006年度 自治研グループ研究報告)榛名町誌...

続きを読む

堂尾根砦② ~天神様とパラグライダー~

その①山道っぽいのは最後の山頂までの100m間だけです。山頂もすぐに見えてきます。...

続きを読む

堂尾根砦① ~里見連山の最東端を守る~

旧榛名町の城館・その㉕旧榛名町と安中市との境に連なる里見連山(通称「安中アルプス」)。その南東端に聳える天神山に砦が築かれていたという。箕郷図書館で閲覧した文献に記載されている砦で、榛名町誌には記載なし。13番がそれ。ということで、ひと登りしてみます。...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日生野菜摂取しないと死ぬ。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: