FC2ブログ

記事一覧

元宿陣屋 ~桐生市発祥の地~

元宿陣屋について、城郭大系には「桐生市の発祥地の元宿を支配した代官所」と記されています。文化財情報システムで探すと、元宿代官所の表示を発見。場所は桐生市元宿町にある聖眼寺となっています。...

続きを読む

今井宿の砦 ~新川堀中央を守る~

南北朝初期、桐生国綱が3年の歳月をかけて桐生城(柄杓山城)を築城します。このころの桐生地域は、梅原館を中心に桐生城を詰めの実城、新川堀を遠構えとし、その新川堀に沿うように丸山砦、今井宿の砦、浅間山の砦、物見山の砦その他小塁を備えて万全の構えを示していました。そのうちの一つ、今井宿の砦。場所はJR両毛線桐生駅と市立図書館に挟まれている地域一帯です。...

続きを読む

桐生陣屋 ~天領・飛び地支配~

桐生陣屋(きりゅうじんや)は、江戸幕府が天領である桐生を管理するために設置した陣屋である。現在の群馬県桐生市西久方町に置かれた。桐生は天正18年(1590年)に徳川氏の領地となり、徳川氏の代官であった大久保長安の命を受け、手代の大野八右衛門が桐生領に派遣された。大野八右衛門は桐生領の拠点として桐生新町を造営し、新町に隣接した丘陵地に陣屋を設置した。幕府直轄領であった桐生新町は、後に館林藩徳川綱吉領、旗本...

続きを読む

梅原館 ~返り忠?桐生六郎の思案~

梅原館跡は平安時代に桐生を所領した、足利俊綱の家臣である桐生六郎(前桐生氏)の居館であったといわれている。室町期になり桐生国綱(後桐生氏)によって桧杓山城が築かれ、領主の居住地が城山の麓である居館に移ったことによって、この梅原館跡は下屋敷となり、ここを基点とした町屋づくりが行われたものと推考される。現在でも西・南側の一部と北側には土塁が残され、その外側には掘跡の痕跡が認められる。また、南方約500メ...

続きを読む

岡上陣屋 ~銅山街道を整備~

ブログ移転後、こちらでは実質的には初めての記事になるでしょうか。アメブロより自由度も高くなったので、慣れればかなり使い勝手が良くなりそうです。さて、この時期は仕事が忙しいので平日の更新頻度が極端に低下してしまいます。去年も同じくらい忙しかったのに、よくあれだけ更新できていたものだ。しばらくは簡単に紹介できるところから載せていこうと思います。と、前置きを挟みつつ久々の更新。今回は岡上陣屋の紹介。...

続きを読む

八束城② ~羊の足跡~

しばし天狗の松を眺めた後、先へ進むことにします。 この場所(浅間山山頂)の時点で麓からの比高差は優に100mを越えており、並の山城ならここでゴールといったところですが、八束城への道のりはここからがいよいよ本番となります。...

続きを読む

八束城① ~羊太夫伝説~

昔、この地に羊太夫という者がいて、神通力を使う八束小脛(八束脛ともいう)という従者に名馬権田栗毛を引かせて、空を飛んで、都に日参していた。あるとき、羊太夫が昼寝をしている小脛の両脇を見ると羽が生えていたので、いたずら心から抜いてしまったが、以後小脛は空を飛べなくなってしまい、羊太夫は参内できなくなった。朝廷は、羊太夫が姿を見せなくなったので、謀反を企てていると考え、軍勢を派遣し、朝敵として羊太夫を...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: