FC2ブログ

記事一覧

テーマ分類

群馬の城館だけやたらに紹介数が増えてきたので、地域別に細分化しました。それぞれに含まれる地域と、おすすめのお城の紹介をいたします。...

続きを読む

引越山の砦 ~名前の由来は?~

渋川市渋川にある、引越山の砦。珍しい名称です。場所は説明しにくいのですが、渋川市民会館の前の道を北上し、川を渡ったすぐの道を西に折れます。あとは道なりに進んでいくと目立つ小丘が左側にあるのでわかるとおもいます。また、群馬県文化財情報システムにも掲載されているので、そちらを参考にされるのもよいでしょう。いろいろネット上で検索しましたが、現地を訪れてのレポートはおそらくこれが日本で初になりそうです。...

続きを読む

今村城 ~金山城攻撃の拠点~

今村城は古墳を利用して本丸とした平城で、戦国時代に佐位・那波両郡を支配した那波氏の居城である。那波氏は、永禄年間(1558~1570)に越後の上杉謙信の軍門に下り、太田の由良氏に赤石城を奪われた後、那波駿河守顕宗のときに今村城を本拠としたと考えられている。現在は本丸跡の痕跡だけ残す。(伊勢崎市HPより)事前に大まかな位置を調べて地図上に落としておいたのですが、その周辺に到着しても碑のようなものが発見できず...

続きを読む

那波城 ~此処に城ありき~

那波城はかつて東毛地域で勢力を誇った那波氏の居城です。城址碑の場所は伊勢崎市立第二中学校の西100mほどの道路わきです。ちなみにMapionの地図でこの場所を最大拡大するとしっかり「那波城址本丸跡」の表示が出てきます。...

続きを読む

茂呂城 ~三成妖怪退治?~

伊勢崎市美茂呂町の退魔寺の周辺が茂呂城の主郭跡です。広瀬川東岸の河岸段丘を利用して築かれています。  プリウス号と退魔寺山門。この手前の道路も堀跡らしいのですがよくわかりません。...

続きを読む

伊勢崎陣屋 ~時報鐘楼のある街~

伊勢崎中心部へ移動。伊勢崎陣屋(伊勢崎城)があった場所で、曲輪町や大手町といった地名を今に残します。同聚院周辺が城域の中心地ということですが、微妙にたどり着けずその北にある善應寺に到着。...

続きを読む

原之城 ~古代豪族の居館~

群馬県伊勢崎市の城館めぐり。ほとんどが石碑級城館(碑や説明板だけしかない)です。まずはこちら、原之城。 場所はスマーク伊勢崎という大型ショッピングモールのそばで、上武国道を挟んで反対側にあります。...

続きを読む

深沢城 ~一見穴城、その正体は~

桐生市黒保根町(旧黒保根村)の正円寺のすぐ南側に深沢城はあります。R122を宿廻の信号で山側に折れ、あとは正円寺を目指せばたどり着けます。しかし黒保根ってなかなかインパクトのある名称だなあ。...

続きを読む

鶉古城 ~上州では珍しい湖上の城~

鶉古城(うずらこじょう)は多々良沼に突き出した半島部に築かれた城です。現在は多々良沼公園として整備されています。 駐車場から公園内に入るとき、いかにも土塁状の地形を越えていきます。「なんでも城郭と結び付けて考えるのはヤバい兆候だな~」などと思ったりしますが、これは本物の残存土塁でした。...

続きを読む

唐沢山城④ ~江戸城を見下ろすとはけしからん!?~

もう見飽きた感のある案内図。これで最後です。 現在、本丸北側の武者詰から二の丸へ移動中。...

続きを読む

唐沢山城③ ~関八州を眼下に見渡す~

再々掲案内図。現在、本丸南の表御殿と呼ばれる場所です。...

続きを読む

唐沢山城② ~軍神も撃退~

再び案内図に登場してもらいましょう。前回は画面中央左、神橋のところまで行きました。今回は一気に本丸まで行きます。...

続きを読む

唐沢山城① ~関東七名城!~

佐野城を後にし、いよいよ唐沢山城を目指します。実戦を幾度も経験している(しかもその相手がすごい)全国でも屈指の堅さを誇る中世山城であり、織豊期には石垣で改修、今もその遺構を見ることができます。規模・縄張り・遺構の残存度はもとより、歴史性・景観・整備状況・各県最低1か所以上という条件なども併せて考えると、どうしても栃木の100名城はここになると思うのですが・・・滋賀県や兵庫県の様に県内の競争が激しいとこ...

続きを読む

佐野城 ~佐野氏、未完の居城~

2009年3月7日、プリウス号がドック入りした間、代車としてあてがわれたのがMARK X ZiO号。店舗で車を受け取り、6段変速とは知らずしばらく1速のまま走行したため「プリちゃんに比べるとやっぱりうるさいなあ」などと思ったり。自動ギアチェンジしないならMT車のようにクラッチとレバーをつけれ。いや、オートマ車でありながら、マニュアル感覚のドライビングが楽しめるのがウリなんだそうで。適当にいじりながら走行して運転方法...

続きを読む

神田城 ~扇の館~

この周辺を通りがかった際、道路地図に神田城の記載があったので立ち寄ってみました。源平屋島の合戦で扇の的を射落とした那須与一宗隆が生まれた場所であるともされます。 駐車場の説明板。縄張図もあります(ちと薄い)。那須神田城とも。...

続きを読む

足利氏館③ ~やっぱりお寺~

市指定重文 校倉...

続きを読む

足利氏館② ~坂東のアカデミア~

2010年3月13日、館林城などを攻城したついでに、3度目の登城(?)。有名な城を何度も訪れるより、無名でも未訪の城の攻城を優先する自分としては、県外の城で3度も同じところを訪れるのはかなり異例のことです。過去2回は鑁阿寺境内に駐車しましたが、今回は足利学校の隣にある「太平記館」という観光施設のPに駐車しました。駐車料は無料でしたが、夕方5時を回っていたからかもしれません(太平記館には入れなかった)。3回訪れ...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: