記事一覧

小諸城(先行公開)

2007年訪問時の小諸城三の門。この時はこの城の真の姿を詳しく見ることができなかった。...

続きを読む

砥石城(先行公開)

信玄痛恨の「砥石崩れ」砥石城群の中では独立性の高い城・米山城。馬場からここまではとんでもない急勾配。登りはまだいいが、下りはロープにつかまりながらでないととても降りられない。...

続きを読む

上田城(先行公開)

本丸にある真田神社(2007年当時)。奥へ進むと真田井戸や西櫓を見ることができる。...

続きを読む

葛尾城(先行公開)

麓にある満泉寺。ここがかつての村上氏館で、県指定史跡。背後に見える山が村上氏の本城・葛尾城。シャレにならないほど急峻。...

続きを読む

松本城(先行公開)

往時の松本城の縄張りの様子。現在この縄張りのかなりの部分が死んでいる。この点について、埋立てにより住宅地とされた外堀の復元が検討されているという。四方の馬出まで復元してくれればまさに理想的だが。はたしてどうなるか。...

続きを読む

高遠城(先行公開)

大手門址。高遠城は山の頂上に主郭があるといったわかりやすい山城とは異なる形式の城で、地形を巧みに使用して築かれた天嶮の要害。城めぐり初心者を脱し、縄張りを意識しながら見て回るようになった人にとって、まさにうってつけの城といえる。...

続きを読む

牧之島城② ~甲州流軍者甚秘の城取~

神社から再び土塁上を南下。というか土塁の上以外は歩けそうにない(笑)...

続きを読む

牧之島城① ~馬の乗り入れ禁止!~

本日は奇跡的に涼しいので記事を書く気力が復活。今回は甲州流築城術の特徴をよく留めている牧之島城の登城記。突然長野の城にしたのは単なる気まぐれ。少しでも暑さを紛らわせるような写真を求めたかったということもあるか。前身は牧城という城。以下wikiより。...

続きを読む

松代城② ~近世真田氏10万石の居城~

1616年(元和2年)に結城秀康の子松平忠昌が12万石にて松代城に入封して以降この地は松代藩領と呼ばれる。忠昌は1619年(元和5年)に越後国高田藩へ転封。代わって酒井忠勝が10万石で入封するが、1622年(元和8年)には出羽国庄内藩に移る。1622年(元和8年)に信濃国上田藩より真田信之が13万石で入封した後、明暦4年(1658年)に3代幸道の相続時に分地の沼田領3万石が独立(~1680年改易)し、以後10万石として幕末までこの地は...

続きを読む

松代城① ~龍虎決戦・死闘川中島~

信繁さま~!信玄の弟・信繁(嘉島典俊)と重臣・諸角(加藤武)が討ち取られた。...

続きを読む

荒砥城② ~これぞ中世山城!~

もう一つ、風林火山。...

続きを読む

荒砥城① ~武田vs村上・上杉、境目の要衝~

荒砥城は戸倉上山田温泉のすぐ裏手の山上にあり、大河「風林火山」のロケ地ともなったところです。といっても、自分が登城した時はなんの下調べもしていなかったので、このような予備知識はありませんでした。R18を上田から長野方面に向かうと、途中坂城町で「戦国の名将 村上義清公 生誕の地」という大きな看板があります。常勝武田信玄に、二度まで黒星をつけたことで有名な武将です。荒砥城も村上氏の一派・山田氏が領してい...

続きを読む

真田氏館 ~戦闘的変形方形館~

真田氏館は真田氏の上田城築城以前の居館といわれ、現在でも「御屋敷」と呼ばれつつじの名所としても親しまれている。中世豪族の居館形態がほぼ完全な形で保存されており、貴重な遺跡として長野県史跡の指定を受けた。居館の四方は土塁で囲まれており、周囲520m余りで、外周は堀が巡っていたと推定される。特に北面は大沢川が天然の堀となって現在も残っている。土塁の南面には大手門、北面には搦手門があり、南東の角にも小規模...

続きを読む

真田本城 ~真田の里の司令塔~

真田一族発祥の地・真田の里にある真田本城は戦時用の山城であり、平時の政務機能は麓にある真田氏館に置かれた。真田盆地の対峰に要害の地戸石城 を望み、更に周囲の峰々にも数多くの支城群が連なり、単体の山城ではなく真田盆地を取り囲む山城群の司令部的存在と考えられている。 (wiki参照)...

続きを読む

飯山城 ~上杉方、信濃出陣の拠点~

東部は千曲川、西部は山地に囲まれた地にあり、城郭は丘陵をならした平山城である。築城年は不明である。14世紀初頭は泉氏の居城であったが、後に高梨氏館を本拠とする高梨氏の支城となった。戦国時代に上杉氏が甲斐武田氏に対する前線基地として改修した。江戸時代には飯山藩の藩庁が置かれた。(wiki参照)...

続きを読む

替佐城 ~武田方、対上杉前進基地~

替佐城は永禄7年(1564)ごろ築かれたと推定されている。北信濃の制圧をめざす武田勢とその防衛をはかる上杉勢が川中島平で激しく争った当時、武田方の前進基地として重要な役割をはたした。 この城は、上杉方の拠点飯山城へ通じる谷街道(千曲川通り)を、東岸からおさえる壁田城とともに西側からおさえるもので、また、北永江方面を経て上杉方の国境野尻城へも備えていた。この城は三つの曲輪(本丸、二の丸、三の丸)と、それを...

続きを読む

高梨氏館 ~北信最大の中世居館~

北信濃地域の豪族高梨氏の館である。 背後の鴨ヶ嶽城を詰めの城としていた。 戦国初期に、高梨政盛が建て始め、政頼の代に完成したといわれる。戦国時代、武田信玄の勢力が北信地方に及ぶと、高梨政頼は上杉謙信を頼った。 武田氏滅亡後、本領の一部を回復したが、上杉景勝の会津移封に同行したため、城は廃城となった。 平成19年(2007年)2月6日、国の史跡に指定された。(wiki参照)場所は中野市役所の北東700mほど、中野立志館...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日生野菜摂取しないと死ぬ。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: