FC2ブログ

記事一覧

東山城 ~阿波の千早城~

再掲・案内表示。東山城の表記の下に(阿波の千早城)と記されています。その理由は以下の通り。東山城この城跡は、城山(じょうやま)と呼ばれているが、城の型式からも南北朝時代(1340年頃)の築城と考えられる。八ッ石城と共に南朝方の新田氏一族が拠ったと伝えられる(脇屋義助の子義広との説あり)。この城は、河内の千早城に範をとったもので前方と側方の三方は天然の要害であり、搦手は後方の隠里(かくれさと)へ通じてい...

続きを読む

田ノ岡城 ~田岡刑部の城~

大西城からR32に復帰し、「四国中央橋」で再び吉野川を渡河。「州津」の信号で撫養街道へ入り、少し走ると道路上に城を示す目立つ看板があります。看板この看板のところから右手に道はあるのですが、入るのを躊躇するほどの細さであったので通り過ぎ、結果やや大回りをすることになりました。ちなみにこの看板のそばに説明板があり、「大木戸跡」の名残の木製表示が建っています。...

続きを読む

大西城 ~阿波国守護の居城~

白地城を後にし、池田大橋で吉野川を渡り三好市の中心エリア・池田町ウヱノ地区へ。 池田高校                城址碑!先人たちの記録を見ると「高校野球で有名な池田高校」と記している方が多いのですが、私的にはあまり実感できないところ。昔は甲子園の常連だったみたいですね。この日は「祝レスリング全国大会出場」の垂れ幕が掲げられていました。池田高校から東に進み、池田中学校・池田幼稚園が建っている...

続きを読む

白地城 ~四国の十字路~

大歩危・小歩危エリアを通過し少し進んだR319との分岐にて。田尾城址の表示発見これまたどうしようか一瞬迷うも、4㎞それるのはちょっとなあと感じてしまいまたの機会へ。そうは言ってもこの時は「次回来る機会はそうそうないだろう」と思っていましたが、今現在はかなりの確率でこの道を再び走ることになりそうと感じています。そのままR32を北上し、旧山城町から旧池田町へ。吉野川と馬路川が合流する地点の高台に、かつて長宗我...

続きを読む

撫養城(先行公開)

別名岡崎城。阿波九城の一つ。読み方が難しい城。妙見山山頂に聳える天守。かなり遠方からもその姿を確認することができる。...

続きを読む

徳島城(先行公開)

国指定史跡・徳島城。阿波一国を賜った蜂須賀氏が領国支配の中心として築いた大規模な平山城。諸般の事情によりかなりの駆け足登城となった。山上部の本丸石垣。使用されている石材の色や形状に特徴あり。近世の平山城とはいえ、自然地形を上手く取り込んでおり山上部の要害性はなかなか。ダッシュで駆けあがったため息が切れた。...

続きを読む

一宮城(先行公開)

県指定史跡・一宮城。国指定でなかったのが意外。阿波九城の一つで、小学館名城百選にも選定されている。私的真百名城選定城郭。有名な本丸石垣。ここまでの道は整備されており、見事な縄張りを堪能できる。しかしこの場所までではまだこの城の半分も見ていないことになる。...

続きを読む

川島城(先行公開)

阿波九城の一つ、川島城。阿波西部に睨みを利かせる重要拠点。二郭東側に建てられた立派な天守。模擬天守好きの私にはたまらない。...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: