記事一覧

簗瀬二子塚古墳

R18の原市付近から碓氷川を越えて磯部へ抜ける新しい市道を走っていると、突然一目古墳とわかる特徴的な地形を発見。思わず停車。きれいに整備されています。こんなところにこれほどの規模の古墳あったっけかな。この道を通ってなかったから気が付かなかったのかな。...

続きを読む

安中杉並木

原市東館の項で少し触れた安中の杉並木について。ここも実はグンマ44ヶ所の聖地のうちの一つ。経典 上毛かるた 「な」...

続きを読む

多胡碑記念館

2017年10月 上野三碑めぐり おまけで多胡碑記念館にも立ち寄りました。多胡碑記念館訪問日は「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録直前であったため掲げられている看板はまだ国内候補決定を示す段階のもの。入館料は200円。ちなみに「世界の記憶」への登録決定を受け、11月1日から来年3月末まで入館料が無料になったという。ほんのちょっとの差で200円損したと悔しがったことは言うまでもありません。...

続きを読む

上野三碑 多胡碑

2017年10月 上野三碑めぐり金井沢碑・山上碑の探訪後、最後に向かったのが多胡碑。この碑は上野三碑の一つであると同時に、日本三古碑(多賀城碑・多胡碑・那須国造碑)の一つでもあります。多賀城碑は多賀城を探訪した時に見学しています。那須国造碑についても近いうちに掲載予定。ちなみに上野三碑の知名度は地元高崎でも低く、これまでは知識人階級かマニアにしか知られていないようなシロモノでしたが(*註:今後は啓発活動...

続きを読む

上野三碑 山上碑及び古墳

2017年10月 上野三碑めぐり金井沢碑の次に向かったのが山上碑。こちらも金井沢碑と同様訪れるのは2007年の冬以来になります。前回訪問時の様子は山名城の項参照。前回同様まずは専用駐車場を目指しますが、途中すれ違い不可の狭路を通り抜ける羽目に。確かに前回の記録にも「狭い丘陵の道のため不安になる」と書いていますが、こんなに狭かったっけかな。無事駐車場に到着し碑への登り口へ。入口部分はこちらもきれいに整備されて...

続きを読む

上野三碑 金井沢碑

上野三碑とは1300年前の東アジアの文化交流を記す3つの石碑日本列島東部の古代上野国[こうずけのくに](現在の群馬県)に存在する三つの石碑「上野三碑[こうずけさんぴ]」は、日本に18例しか現存しない古代(7~11世紀)の石碑のなかで最古の石碑群であり、大切に守られてきました。それらは、山上碑[やまのうえひ](681年)、多胡碑[たごひ](711年頃)、金井沢碑[かないざわひ](726年)と呼ばれています。三碑の記録...

続きを読む

天応寺(井伊家三代の墓碑)

2015年冬 足利・佐野探訪 城館以外の探訪記 その3 佐野市堀米町にある天応寺...

続きを読む

ニホンカワモズク自生地

2015年冬 足利・佐野探訪 城館以外の探訪記 その2 足利市南大町にある神明宮ここから境内裏手へ移動。...

続きを読む

下野國一社八幡宮

2015年冬 足利・佐野探訪 城館以外の探訪記 その1 足利市八幡町にある下野國一社八幡宮写真の銅造鳥居は江戸時代後期の寛政4年(1793年)、佐野天明鋳物師の合作を有志が奉納したものとされる。市指定重文。鳥居奥右手に見えるクロマツは市内最大・市内最古のクロマツとされ、樹齢は推定650年。市指定重文(天然記念物)。...

続きを読む

禹王の碑

2015年冬古仲城の近くにて気になる表示を見かける。 なんだろ?禹というとあの方ですか、夏の創始者の。高校の世界史の授業では中国史のまず初めに三皇五帝とその後の夏王朝あたりまでは伝説的な事項としてひとまとめに流され、このへんはセンター試験にもまず出ないのでほとんどの生徒は覚えず、歴史マニアのみが趣味で記憶するという部分に属するあのお方。最近ではにわかに夏王朝の実在性が真実味を帯びて来たようで、中学校の...

続きを読む

おまけ 「日本で海から一番遠い地点」到達認定証

日本で海から一番遠い地点への到達、無事達成。後日ネットで他の人たちの到達記を参照していたところ、以下の案内マップを見つけました。佐久市観光協会発行 「日本で海岸線から一番遠い地点」への道のり大変詳しいガイドマップ。実際に自分の足で歩いた後であるため、書かれている一つ一つの説明にすべて頷くことができます。これをもって現地を歩きたかったな~。このガイドではコースタイム80分とあります。うん、山歩きに慣れ...

続きを読む

最終話 五稜郭 であいの館

新海三社神社からゴール地点の「佐久市歴史の里 五稜郭 であいの館」へ。五稜郭 であいの館日陰場所に駐車できてラッキー。すぐ隣には続100名城に選出された龍岡城があります。訪問するのは2008年11月以来、およそ8年8か月ぶり。とは言ってもスタンプが設置されたらまた訪問する必要があるので、今回あえて龍岡城には立ち寄りません。徒歩1分圏内にある龍岡城を横目で眺めつつ、施設に入ります。そういえばこの施設、前回訪問時に...

続きを読む

第5話 新海三社神社

『踏破者限定特別企画』チェックポイント4 「二匹の龍? 新海三社神社 御魂代石」 水落観音を後にし、超狭路の山道を下り県道に復帰。3つ目のチェックポイントである「新海三社神社」(単に「新海神社」とも)を目指し西へ下ります。神社到着。デジカメの電池残量が相変わらず点滅状態なので、細かいところは飛ばします。...

続きを読む

第4話 水落観音

『踏破者限定特別企画』 チェックポイント3 「清水が湧き出る岩壁! 水落観音」 佐久市観光協会臼田支部によると、5つのチェックポイントのうちチェックポイント2と3はチャレンジ(難所)ポイントとなっています。と言ってもどの程度の難所なのかは不明で、私的には雨川ダムの難度が0だったためここも言うほどの難度ではないだろうと若干軽く考えていました。しかしその考えは甘かったということを知ることになります。 案内表示...

続きを読む

第3話 雨川ダム

「日本で海から一番遠い地点」への到達には成功しましたが、今回の目標はもう一つあります。導入でも紹介した「踏破者限定特別企画」に参加し、オリジナルピンバッチを入手することです。そのためにはpdfファイルにある5つのチェックポイントのうち3つ以上のポイントでの写真撮影が必要であるという。やるからには3つと言わず完全制覇を目指すのが私の常なのですが、改めてポイントを確認すると。チェックポイント2 「地下湖が見え...

続きを読む

第2話 日本で海から一番遠い地点【到達困難極】

田口峠から臼田方面へ下っていく途中、雨川砂防ダムの手前で左手に入る道があります。ここが「日本で海から一番遠い地点」(以下「地点」)への入口となります。案内表示田口峠側からだとこの表示が裏側になって見えないので注意。表示の場所で曲がり橋を渡るとすぐにゲートが現れます。1台くらいならこのゲート手前に停めることもできそうですが、右手100mほど進むと広大な空き地があるので、そちらに停めるほうが安心。...

続きを読む

第1話 田口峠

2017年6月17日(土) 晴れ 暑い9:30出発寝坊したので遅い出発。おまけに「日本で海から一番遠い地点」へ行こうと急遽思い立ったのが前日の夜であったため、準備も不十分。デジカメを充電し忘れたし、充電器やナップサックなどもすべて家に置いてきてしまった。せっかくの車内電源も活用できないな。まあしょうがない、半日くらいなら何とかバッテリーも持つでしょう。前夜見たこちらのページのpdfファイルには、手順1に『佐久市...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日生野菜摂取しないと死ぬ。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: