FC2ブログ

記事一覧

新庄城(先行公開)

もとは新庄の豪族日野氏によって築かれた新庄城。後に日野氏は最上氏の重臣となり、「最上四十八館」の一つに数えられるようになる。現在残る新庄城は、新庄藩6万石(のちに6万8200石)の本拠として寛永2年(1625年)戸沢政盛により近世城郭として築かれたもの。美しい水堀。本丸部分は最上公園として整備されている。平城はやはりいい。...

続きを読む

山形城(先行公開)

霞城公園にある有名な最上義光像。騎馬像は全国いたるところにあるが、後ろ足二本で立っている像は極めて珍しい。個人的に勇壮度では江戸城の楠木正成像と並び全国トップクラスと感じている。やはり大鎧風がポイントか。...

続きを読む

米沢城(先行公開)

米沢城の本丸には上杉神社が鎮座し、周囲は松が岬公園として整備されている。中心部が単郭方形の平城で公園として無料開放されているという、自分が一番好きな城のパターン。2009年春。天地人放送中の影響もあってかすごい人出。上杉鷹山や上杉謙信の像のほか、上杉景勝・伊達政宗・直江兼続といったゆかりの武将の掲示もそこかしこにある。...

続きを読む

狩川城 ~北楯大学、水神となる~

北楯大学?そんな大学あったっけ?ありません。北楯大学利長〔きただてだいがく・としなが〕(1547~1625)山形城主最上義光の家臣。慶長6年(1601年)、義光が上杉景勝を破って庄内3郡(田川・櫛引・遊佐)を奪還すると、田川郡狩川城主として3,000石を与えられた。 ところが利長の所領である狩川・清川・立谷沢などの地域は水捌けが悪く、灌漑による整備が急務であった。そのため利長は、慶長16年(1611年)、義光に立谷沢川の水...

続きを読む

長谷堂城③ ~もう一つの関ヶ原~

9月29日、関ヶ原において石田三成率いる西軍が、徳川家康率いる東軍に大敗を喫したという情報が、直江兼続のもとにもたらされた。敗報を知った兼続は自害しようとしたものの前田利益(前田慶次郎)に諫められ撤退を決断したとされる。これにより攻守は逆転し、撤退する上杉軍を、最上と伊達連合軍が追撃した。この戦では、陣頭に立つ最上義光の兜に銃弾が当たるなど大激戦となり両軍多くの死傷者を出した。しかし前田利益や水原親憲...

続きを読む

長谷堂城② ~山形城防衛の最終ライン~

駒姫事件(→参考リンク )の後、豊臣政権に見切りをつけ徳川家康に接近した最上義光ですが、会津征伐のため兵を挙げた徳川軍は反転し、集まった奥羽諸侯は霧散、頼みの伊達も日和見という状況で、単独で上杉軍と戦う羽目になります。...

続きを読む

長谷堂城① ~直江山城守来襲!~

長谷堂城は、山形城に居する最上氏にとって重要な支城の一つであった。1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いとほぼ同時期に発生した慶長出羽合戦において、籠城戦の舞台となった。この慶長出羽合戦とは、福島県会津地方及び山形県庄内地方と置賜地方を領する西軍の上杉景勝(120万石)が、東軍に付いた最上義光(約24万石)を制圧するため、現在の山形県置賜地方(最上領の南方)と庄内地方(最上領の西北)から、配下の直江兼続を大将...

続きを読む

藤島城 ~東北の南朝の拠点~

藤島城の築城年代は不明であるが、和銅年間(708~715)の頃の国府の府城と言われ、出羽の守や鎮守府将軍の居城であった。 平城ではあるが藤島川を外堀とし、向楯、古郡楯、柳久瀬楯、平形楯、勝楽寺楯等の前衛基地を設け完璧なまでに堅牢な城であった。 正平6年(1351)、北畠顕信が守永親王を奉じて旗上げをした歴史上有名な城でもある。爾来二十有余年間、東北の南朝の拠点として守られてきた。戦国時代末期になると...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。毎日欠かさず生野菜摂取中。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: