fc2ブログ

記事一覧

寺家物見砦 ~断崖に築かれた砦~

2017年3月 能登半島一周編日本の重心地(みさき小学校)を後にし、須須神社を通過すると寺岩漁港があります。その港の背後にある岬の先端に築かれたのが寺家物見砦。寺家物見砦遠景三方を断崖に囲まれ、砦に辿り着くには北側の台地続きに進むか西側の台地基部から取り付くよりほかないように見えます。...

続きを読む

正院川尻城 ~アンジャヤマにて撤退~

2017年3月 能登半島一周編倒(さかさ)スギの次に向かったのが正院川尻城。正院小学校の東、飯田湾を望む標高約30mの台地上に築かれた能登屈指の中世城館です。探訪時ネット上にただ一つだけあった先人の記録によると台地上には南側の稲荷神社から上がるのがよいとあり、私もそのつもりで現地を訪れたわけですが、何かに惑わされるかのように城の手前の北に延びる道(小学校との間の道)に吸い込まれてしまう・・・線路跡を潜り...

続きを読む

萩城 ~畝状竪堀群の残る城~

2017年3月 能登半島一周編見取城の北方約2.5kmほど、上戸町寺社地区にある永禅寺の西の山上に築かれたのが萩城。『能登中世城郭図面集』には畝状竪堀群や複数の馬出が配された、小規模ながらも技巧的な城として掲載されています。...

続きを読む

見取城 ~吼木山衆徒の砦~

2017年3月 能登半島一周編見附島を後にし、周辺情報を調べるとすぐ西側に見取城があることが判明したので現地へ。(googleマップにも記載があるが位置が少しずれているように感じる)...

続きを読む

松波城② ~国指定名勝庭園~

この城は石碑はよく設置されているものの、比較的大きめな規模の城のわりには公の説明板がなかなか見当たらず、唯一見つけたのが発掘調査中の平場に設置されていた以下のもの。松波城跡庭園跡は、京風文化の名残をとどめた室町様式の庭園遺構で、昭和37年の公園整備中に発見され、昭和55年に再発掘調査を行いました。平たい小石を縦ならびにして敷きつめ、あたかも流れに洗われた岩や浅瀬のように、その所々に大小の石を配置するこ...

続きを読む

松波城① ~奥能登の中心的城郭~

2017年3月 能登半島一周編立壁城を後にし、続いて向かったのが松波城。能登国守護畠山氏の一族であった松波氏の居城で、畠山氏本城の七尾城の有力支城として奥能登の中心的な城郭であったという。城は松波川左岸の丘陵部を利用して築かれており、西側の丘陵基部と東側の丘陵先端下からそれぞれ向かう道があるようです。西側からのルートには国道からの入口に写真の案内表示があります。...

続きを読む

立壁城 ~海上航行の監視所~

2017年3月 能登半島一周編越坂城(正確には日和山公園)を後にし、続いて向かったのが立壁城。能登町字立壁にあるこちらも「城ヶ崎」の名がついた岬に築かれた城です。岬に向かうためにナビの一番海側の道を進むも一度通り過ぎてしまい、ナビにも表示されない細い急坂の生活道路を下っていきようやく到着。城が築かれた城ヶ崎。車は1台程度なら周辺の余白に停車可能。...

続きを読む

越坂城 ~九十九湾に突き出した海城~

2017年3月 能登半島一周編真脇遺跡の次に向かったのは東にある九十九湾に面した日和山公園。広場を越え奥に向かうと先端近くに平場があります。写真にある碑は井田寒厓の句碑。...

続きを読む

棚木城② ~断崖絶壁の要害~

本丸から岬先端部へ向かいます。なめり坂高台でありながら清水が噴き出し、炎天下でも坂道が濡れていることから名付けられたという。さらに進んでいくと東屋の建つ開けた場所に出ます。...

続きを読む

棚木城① ~遠島山の城~

2017年3月 能登半島一周編神和住城の次に向かったのが棚木城。当初に予定していた最初の探訪予定地はこの地になります。宇出津港いやさか広場から眺める棚木城(別名・遠島山の城)。対岸に見える岬の先端部分に城は築かれており、現在は遠島山公園となっています。なおこの場所で視界を右の方に向けると港の対岸に宇出津灯台がある高台が見えますが、その場所には能登畠山氏の重臣であった三宅一族の居城・崎山城がありました。...

続きを読む

神和住城② ~猿鬼伝説の地~

山上の「伝屋敷跡」から尾根伝いに移動してみます。曲輪表記の先は両側が狭まり切れ落ちた土橋状地形になっています。...

続きを読む

神和住城① ~奥能登に残された謎の城~

2017年3月 能登半島一周編道の駅桜峠を後にしr57を東進すると、能登町の神和住(かみわすみ)地区で道路わきに大きな城の説明板が立っているのを発見。思わず車を停車。絵図付きの立派な説明板神和住城跡は、奥能登の中心に位置する斉和地区に残されている山城跡である。城跡は、集落背後の天高山に残されており、ゴボジ(御坊地)と称する標高181mの丘陵上に中心遺構が認められている。城跡の範囲は、南北約400m、東西約250m...

続きを読む

棚木城(先行公開)

【メモ】宇出津の湾に突き出した半島に築かれた城。船隠しや米流し坂などがあり、現在は遠島山公園として整備されている。先端の離れ島との間の断崖は危険。【探訪記】2017.3 能登半島一周...

続きを読む

七尾城(先行公開)

越山併せ得たり能州の景本丸からの眺め。七尾湾や能登島が一望のもと。...

続きを読む

金沢城(先行公開)

高石垣の先に見えるは石川門。...

続きを読む

穴水城 ~200年余の長家の居城~

長きに渡り守護大名畠山氏の重臣、長一族の居城であった。長氏の祖にあたる長谷部信連によって築城されたと伝えられる。畠山家滅亡後、一時期は上杉氏の手に渡るものの、天正6年(1578年)には長連龍が織田信長の支援のもと奪還に成功している(菱脇の戦い)。 1583年に廃城。(wiki参照)穴水町役場の東側背後の山が穴水城です。Mapionにもきっちり記載されています。登城口は役場前の道を南東に少し進んだところにあります(表示...

続きを読む

向田城 ~藪に阻まれた岬の城~

能登半島のお城&道の駅めぐりをしたこの日、小丸山城を攻城した次は能登島へ向かいます。 能登島大橋。素晴らしい景観です。...

続きを読む

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: